人気ブログランキング |

旧・エステ跡地を市が広場として整備?(小牧市古雅3丁目)

たまたまこの場所を通って気付いたのですが、2005年に閉店し、去年(2008年)建物が撤去された(?)と思われる、小牧市古雅3丁目の旧・エステショッピングセンター跡地に、多目的広場が整備されるそうです。

← 旧・エステ跡地
桃花台西駅跡
桃花台西駅跡 posted by (C)りんてつ
(※上の写真は昨年末に撮影されたもので、現在の状況を撮影したものではありません。)

既に工事は始まっており、工事内容を示す看板には、工事終了は「来年(2010年)3月5日(金)」となっていました。


最後に感想を少し。

ここに広場ができる事自体は、結構良い事ではないかと思います。(-_-)
と言うのも、東側にあるエコーガーデン桃花台には、新しい住宅が続々と完成し、既に何軒かは入居が行われています。ここに今入居している人達および今後入居してくる人達は、おそらく小さい子供がいる若い夫婦が多い事でしょう(他の桃花台ニュータウン内の地区も、概ね最初はそうだったので)。となると、子供の遊び場が必要になるでしょうから。
しかしエコーガーデンの東側にある桃花台西公園は、決して子供が遊びやすい公園ではないようです。それを裏付けるように、つい最近、エコーガーデンへの入居が始まるまでこの公園は、平日・休日問わず、子供も大人もほぼ誰もいませんでしたから。また公園のほとんどが木々などで周囲と隔絶したようになっているため、人がいない事と合わせて、「治安上問題のある場所である」とさえ言えると思います。
なので広場が整備される事自体は、まぁまぁ良い事ではないかと思います。広場となるこの場所のすぐ目の前にある店舗群の中には、子供が多く通う学習塾もありますし。

問題はこの工事が小牧市によって行われていると言う事です。なぜ市が行わなければならないのでしょう?
この場所には上記でも書きましたが、元々「エステ ショッピングセンター」と言う商業施設がありました。それは話によると「ニュータウンを整備した愛知県から個人の方が購入し、営業されていた」との事。それが2005年に閉店。しかし数年に渡って、建物はそのまま残されていました。
その後この建物を使って葬儀場がオープンされる予定でしたが、「自分達は儲かって当然!」などと平然と言ってのける、今も残る旧エステ周辺の商店主達が、葬儀場は「子供にとって悪影響!」・「渋滞問題を引き起こす!」などと質(たち)の悪い言いがかりをつけて反対。更に住民の不安を煽り、そこに付け込んで、署名運動までやって、計画を中止に追いやりました
(ちなみにこの運動では、共産党小牧市委員会も商店主側に加わって、商店主が儲かる為に「この建物を市の高齢者福祉施設にしろ!」などと要求を市に行っています。こっち(共産党小牧市委員会)も本当に質が悪い!!)
その後所有権がどうなったかは分かりませんが、建物は去年の始め頃には撤去。「すぐに何か別の施設(例えば駐車場とか)が整備されるのかなぁ・・・」なんて思っていましたが、結局約2年あまり更地の状態が続いていました。しかしここにきて突然、市による広場の整備が進められました。

問題は「市がなぜこの土地の整備を行うのか?」と言う事です。商業施設が閉店となり、空き地となっている所は、市内の至る所で見られます。まさか「(この土地を)市が買い取った」と言う事はないと思いますが、もし個人が所有しているのであれば、市がこの土地に広場を整備するのは、明らかにおかしいと思います。なぜなら「個人の所有する土地は、個人のお金で運用するべきだ」と思うからです。
また「広場の整備」と言うのも、微妙だと思います。と言うのは、上記では「近所に住む子供や学習塾に通う生徒には良いのでは」と書きましたが、確かにそう言う面がない事はないと思います。しかし実際ニュータウン内の公園のほとんどが、あまり利用されていません。それどころか、平日・休日問わず、終日ほとんど誰もいない公園も珍しくないからです。

なので正直"複雑な心境"です。

エステショッピングセンターが閉店(小牧市古雅3丁目)(桃花台新聞)
旧・エステ跡地の葬儀場誘致に反対運動(小牧市古雅3丁目)(桃花台新聞)
旧・エステの建物が解体(小牧市古雅3丁目)(桃花台新聞)

地図(桃花台 便利リンク集)
商業施設、コンビニ(桃花台 便利リンク集)

追記(2010年4月16日)
この場所に新たに整備された公園について書いているブログの記事を、見つけました。

多目的?無目的?(ごまめのはぎしり)

天気予報、ニュース、ブログ(桃花台 便利リンク集)

by kyu3_2 | 2009-11-10 04:40 | 街角情報 | Comments(4)

Commented by s_1046 at 2010-04-17 06:39
TBありがとうございます。 私のブログではサラリと流していますが、葬祭場建設については、かなりのすったもんだがあったようです。現在は周辺の商店も徐々に閉店に追い込まれている状態で、どんどん寂れていってしまう傾向にあります。
やはり一番の問題は、私も含めて、地元の住人の地元への愛着の意識というものが希薄であるということがあるのじゃないかと思います。
ショッピングセンターも営業努力の欠如があったとは思いますが、地元住人がそれを盛り上げる動きをしていれば閉店には至らなかったと思います。
Commented by kyu3_2 at 2010-04-23 00:29
Standy さん、こんにちは。わざわざ私のブログにコメント、ありがとうございます。(^^)

>現在は周辺の商店も徐々に閉店に追い込まれている状態で、どんどん寂れていってしまう傾向にあります。
>やはり一番の問題は、私も含めて、地元の住人の地元への愛着の意識というものが希薄であるということがあるのじゃないかと思います。

それは違うと思います。確かに桃花台住民は地元への愛着は希薄です。しかし仮に愛着があったとしても、「この場所の商店が閉店に追い込まれてない」とはとても思えません。競合商店(または商業施設)と比較して、良い商品を安く提供してないでしょうし、「ここでしか買えない商品やサービスを提供している」と言う話も聞いた事がありません。おそらく提供していないでしょう。
そのうえ立地条件の悪さや、いまどきインターネットも活用しないなど、営業努力も全然足りないと思います。

更に「自分達は儲かって当然」などと言っている商店主もいますから、閉店に追い込まれていくのは当然だと思います。
Commented by kyu3_2 at 2010-04-23 00:29
(※先のコメントの続きです)
>ショッピングセンターも営業努力の欠如があったとは思いますが、地元住人がそれを盛り上げる動きをしていれば閉店には至らなかったと思います。

それも違うと思います。本当に住民にとって必要なお店なら、黙っていても住民は何らかの行動を取ったでしょう。しかし現実には誰も何も行動しなかった。それは住民にとって、このお店(エステ)が「必要なかった」・「なくなっても困らない」からではないでしょうか?
(実際「このお店がなくなって不便になった」と言う話は、まったく聞きません。)

あと住民が物を買う・サービスを受ける基準は、"ボランティア"ではありません。「そのお店しかない」と言うのであれば別ですが、近くにアピタもありますし、コア(現・ナフコ)やマルマツもあります。そうなると住民は当然それらと比較しますし、更に自動車を使えば、選択対象はもっと増えます。
Commented by kyu3_2 at 2010-04-23 12:59
(※先のコメントの続きです)
もし営業を続けていくのであれば、当然これらのお店と競わなければなりません。

更にインターネットで商売してる無数のお店とも競わなければなりません。「住民がインターネットを捨て、且つ車も捨てて生活する」と言うなら別ですが、それはありえない事です。

<< クリスマスイルミネーション -... 名鉄バス春日井・桃花台線が停車... >>