<   2005年 12月 ( 68 )   > この月の画像一覧

桃花台線の営業停止、県が方針決定?!

数日前に、「中日新聞」などが報じた、「代替バスの運行を2社に打診」という記事。これと同じ内容が、「NIKKEI NET」の記事でも、掲載されていました。

しかしこの記事には、「中日新聞」などで報じられていない事が、掲載されています。それは、「愛知県は、・・・・(中略)・・・桃花台線の営業を停止して事実上廃止する方針を固めた」、という内容です。

愛知県、小牧市の新交通システム「桃花台線」の営業停止へ(NIIKEI NET)

記事の中では、「愛知県は・・・方針を固めた」とだけ書かれているので、これが「記者会見」で発表されたものか、または「愛知県議会」で話し合われた結果なのか、具体的な経緯などは、書かれていません。

もしこれが事実なら、今度行なわれる「説明会」では、よほどの案が出ない限り、「営業停止」の方針は覆れないように思われます。

桃花台線に関する検討状況の住民説明会開催(※PDF 形式)(小牧市役所)
桃花台線:存廃で、来月住民説明会(毎日新聞)

公共交通機関(桃花台 便利リンク集)

追記(1月4日)
HN「OZ」さんが書いている blog、「OZの魔法使い」でも、この記事の話題を書いていました。

ピーチライナーの最期?(OZの魔法使い)

それを読んで気づいたのですが、・・・。私も上記の「日経新聞」の記事を読んで、不思議に思っていました。明確に「廃止」ではなく、「営業停止」「事実上廃止」としたのは、なぜだろう・・・?。

その理由ですが、もし仮に「廃止」としたならば、国庫から借りている数十億円のお金を、返さねばならず、また高架橋などの撤去を行なわねばなりません。それを避ける為(と言うか、「先延ばし」する為)、「営業停止」とい方針に、したのかもしれません。

もしこれが事実なら、私としては、不満が残ります。なぜなら私は、「高架橋などの設備の撤去を、できるだけ早く行なった方が良い」と考えているからです。撤去を先延ばしにすれば、延ばした分だけ、維持費を払っていかなければなりません。その費用は、かなりの額になることでしょう。また実際、補強・修繕などの工事を行なったとしても、大地震などで倒壊する可能性も、考えられます。それは、とても不安です。

予算の都合などもあると思います。しかし上記の理由から、愛知県と小牧市には、できるだけ早く、桃花台線を「廃止」してもらいたいです。その方が、結果的に、掛かる予算が少なくなると思います。

それに、高架橋などの設備を撤去した後の土地で、事業が行なえれば、早く撤去した分だけ、利益が上がると思います。

桃花台線廃止後の提案:残った駅舎や高架橋をどうするか?(桃花台新聞)
桃花台線廃止後の提案:残った駅舎や高架橋をどうするか? - その2(桃花台新聞)
桃花台線廃止後の提案:残った駅舎や高架橋をどうするか? - その3(桃花台新聞)
[ その他の桃花台線関連の記事(桃花台新聞)]
桃花台線廃止後の対策を、いち早く行なうべきだ
「桃花台線」に関する新聞記事
桃花台線廃止後の提案:桃花台・小牧間に巡回バス

上記以外にも、「桃花台線」に関する記事を、多数書いています。興味のある方は、「桃花台線(ピーチライナー)」のカテゴリを、ご覧下さい。

[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-31 17:58 | 桃花台線(ピーチライナー) | Comments(8)

新しい「しめ縄」(田縣神社)

豊年祭」で有名な、小牧市 田県町にある「田縣神社」。この神社が、新しい「しめ縄」を飾り付けた事が、「中日新聞」の記事になっていました。

小牧・田縣神社に登場 参拝客迎える新しいしめ縄(中日新聞)

神社、寺、教会(桃花台 便利リンク集)

追記(1月4日)
「田縣神社」の「初詣」の事が、「中日新聞」の記事になっていました。

降雨で参拝者数が減少 尾張・知多(中日新聞)
[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-31 01:07 | ニュース | Comments(0)

夕焼けの写真 - その3(小牧市大草)

c0057662_026095.jpg

「夕日が綺麗だなー」と思ったので、撮影しました。
ちなみに、この写真を撮影したのは、「新大草橋西 交差点」です。

カテゴリ:空の写真(桃花台新聞)
「夕焼け」で検索(goo ブログ)

交通事故の目撃者、求む(小牧市大草)(桃花台新聞)

地図(桃花台 便利リンク集)
[ 夕焼けの写真 関連の記事(桃花台新聞)]
夕焼けの写真 - その2
冬の夕焼け(小牧市城山2丁目)
秋の夕焼け

[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-31 00:40 | 空の写真 | Comments(2)

中日新聞の桃花台線に関する記事に疑問

中日新聞」の「桃花台線(ピーチライナー)」に関する記事で、最初に疑問を憶えたのは、今年の3月のことでした

その記事の内容は、「(識者達によって構成されている)『桃花台線のあり方検討会」が、『桃花台線に関する提言(※PDF形式)』をまとめた」というものでした。

提言の内容は、「運行の仕組み(システム)」を変更したり、様々ないベントで利用者を増やしたり、・・・というものでした。これは、「存続が決定した」のではなく、「存続に向けての提言(アドバイス)」に過ぎません。しかし「中日新聞」は、まるで存続が決まったかのような記事のタイトルを、つけています。「中日新聞」が付けた記事のタイトルは、「桃花台線、存続へ」。

次に疑問を憶えたのは、ある事実を、記事に盛り込まないことです。その事実というのは、「読売新聞」では掲載されています。それは、「桃花台線の建設にあたって、競合路線をまったく考慮していなかった」という問題です。

桃花台線 競合路線 想定せず 名大教授指摘 愛知県、甘い需要予測(YOMIURI ONLINE)

私の読んだ記事の中では、「中日新聞」がこの話題を掲載したことは、ありません。

この問題は、とても大きな問題です。電車の路線を敷くのに、競合路線を比較・検討しなかったなんて・・・。

次に疑問を憶えたのは、桃花台線に関する特集記事、「15年目の岐路」です。

記事では、ある人のコメントを載せています。「(桃花台線が)高蔵寺へとつながることは、(桃花台)住民みんなの願いである」、と。このコメント自体は、あくまでその人個人の意見に過ぎません。しかしこの人のコメントを引用して、あたかも「桃花台ニュータウン」に住んでいる人が、全員、「高蔵寺駅」へとつながることを望んでいるかのように書いています。

この特集記事の最後には、「失ってから、気づくものがある」とする、なんとも感情的な表現。この記事全般に言えることなのですが、桃花台線に否定的な要素、例えば負債の額などは、とてもあっさりとした文章で書かれています。それに対し、存続を求めるような意見は、やたらと「感情的」な書き方がされています。この記事の論調は、「桃花台線を存続させるべきだ」というものでした。

(ちなみに、「愛知県庁」の交通対策課のページでは、現在も、桃花台線は、「高蔵寺への延長が検討されている路線」とされています。)

次に疑問を憶えたのは、「小牧市議会」で、議員が桃花台線について、市長に質問した内容が、掲載された記事です。この記事では、議員が市長に対し、桃花台線を廃止する事は、土地の価格を下げる事になり、その点で、「将来禍根を残すことになる」と発言しています。その議員の発言を、中日新聞では、そのままタイトルにしています。タイトルは、「将来、大きな禍根も」です。

(一体なぜ、中日新聞は、こんなにも、過激なタイトルをつけたのでしょう?なぜこの言葉を、選んだのでしょう?踏み込んだ言い方をすると、なぜこうも、桃花台線の存続を、「煽る」のでしょう?)

私個人の意見ですが、記事のタイトルとは異なり、「禍根を残す」と思っている人は、桃花台に住んでいる、ごく一部の人たちだけでしょう。と言うのは、もし仮に「禍根を残す人」が大勢いたならば、何らかの行動に打って出るに違いない、と思うからです。しかし実際、桃花台線の存続運動は、まるで起こっていません。また「存続」に関する問い合わせも、桃花台新交通には、届いていないようです。この事は、「読売新聞」の記事にもなっています。

存続運動起きず 不便な桃花台線 住民あきらめムード(YOMIURI ONLINE)

最後に、もう一つ。その記事が書かれたのは、東海地方で、大雪が降った日のことです。桃花台線の写真が載せられ、「普段の2倍の利用者だった」と、報じています。

確かに、2倍の利用者だったかもしれまん。桃花台で雪が積もる日は、1年で2・3回。それもほとんどが、翌日には無くなってしまいます。この日の雪は、半世紀ぶりの大雪だったそうです。

名古屋で58年ぶり大雪(YOMIURI ONLINE)

この日の利用状況を確認したわけではないのですが、普段の積雪の日でも2倍の利用者があったそうなので、おそらくこの日も、そうだったのでしょう。

桃花台線の普段の利用者数は、約3500人。大雪の日、2倍の利用者だと、約7000人になります。ちなみに、これらの数字は、「延べ利用者数」のようです。なので、普段の利用者数は、約1750人(※全ての人が、往復で利用したとして)。そして、この日の利用者数は、約3500人。

これに対して、現在の「桃花台ニュータウン」の人口は、約2万7000人です。なので、普段の利用者数は、「桃花台ニュータウン」の全人口の約6%。そして大雪の日に利用した人は、約12%になります。これは逆に言い替えると、普段、「桃花台ニュータウン」に住んでいる、約94%の人が、利用していないことになります。また大雪の日ですら、約88%の人が、利用していないことになります。

(ちなみに、桃花台線の建設前の需要予測は、約2万人です。この数が「延べ人数」だとしても、約1万人。この数字と比較すると、普段の利用者数は、約6分の1。大雪の日ですら、約3分の1です。また桃花台で積雪がある日は、せいぜい2・3日です。それも、積もった翌日には、道路の雪は、ほとんどなくなります。)

にも関わらず、この大雪の日一日を取り上げて、わざわざ「普段の2倍の利用者」と報じる理由は、一体何なのでしょう?

これは私の考えですが、「中日新聞」の内部の人間か、もしくは広告主の一部の人達が、桃花台線が廃止になると困るから、ではないでしょうか。そうでないと、桃花台線に関してこのような書き方をする理由が、思い当たりません。

公共交通機関(桃花台 便利リンク集)
天気予報、地域のニュース、blog(桃花台 便利リンク集)
[ 桃花台線関連の記事(桃花台新聞)]
「桃花台線」に関する新聞記事
桃花台線に関する書物の紹介:「桃花台線建設誌」
代替交通機関としてのバスの運行を、打診(桃花台線)

上記以外にも、「桃花台線」に関する記事を、多数書いています。興味のある方は、「桃花台線(ピーチライナー)」のカテゴリを、ご覧下さい。

[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-30 21:34 | 桃花台線(ピーチライナー) | Comments(1)

「新中華 飛龍」、終に閉店(小牧市高根)

小牧市 高根 にある中華料理のお店、「新中華 飛龍」。



過去数回、「臨時休業」を繰り返していましたが、終に閉店したようです。

お店の入り口には、別の会社のチラシが、貼られていました。また「貸し店舗」の貼り紙も、貼られていました。

「新中華」の文字に、「どんな料理なんだろう?」と気になりはしましたが、結局一度も、行くことはありませんでした。美味しくなかったのでしょうか?

喫茶店、漫画喫茶、深夜営業の店(桃花台 便利リンク集)
[ 「新中華 飛龍」関連の記事(桃花台新聞)]
閉店と、臨時休業(?)
「飛龍」、8月24日に再オープン(小牧市高根)
またまた一時休業!?(新中華 飛龍)

[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-29 21:37 | 店舗情報 | Comments(0)

太田裕美コンサート(東部市民センター)

来年(2006年)3月11日(土)、「東部市民センター」で、「太田裕美」さんのコンサートが、行なわれるそうです。
時間:午後 7時 開演(※午後 6時30分 開場)
料金:2500円

※全席 指定
チケットの販売は、来年1月11日(水)から。販売される場所は、小牧市教育委員会 文化振興課」や、東部市民センターなどの各市民センターにて。
(※今回のイベントでは、市外・遠方に住む人の為に、現金書留での申込み受付けも、行なわれているそうです。)

このイベントに関して、詳しい事が知りたい方は、こちらのページをご覧下さい。

あと、このイベントの問い合わせ先は、東部市民センター(電話番号:79-0011)です。

太田裕美 公式サイト
太田裕美 プロフィール(太田裕美の世界)・・・太田裕美さんのファンサイト
太田裕美(Wikipedia)
太田裕美(Yahoo! カテゴリ)

市役所、公共施設(桃花台 便利リンク集)
[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-29 21:07 | イベント情報 | Comments(2)

テーマを変更したのですが・・・(桃花台新聞)

数日前から、「テーマ」を変更しました。

変更した辺りから、アクセス数が、急に少なくなり始め・・・・、不評なんでしょうか?

「年末だから、みんな忙しくて、読む暇がないんだぁー」、と思いたい・・・。

ちなみに、また「テーマ」を、少し変更しました。

以前の最上部の画像を、また使っています。

自分で変更してみて思うのですが、今までずっと、左側に「メニュー部分」がありました。それが、今度のテーマでは、右側に。

・・・少し、扱いにくいです。また戻すかも、しれません。
[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-29 16:04 | 当ブログの告知と情報 | Comments(0)

交通事故の目撃者、求む(小牧市大草)

10月8日(土)の午後10時15分頃、小牧市 大草の交差点で、銀色の「乗用車」と、銀色の「原付バイク」が、事故を起こしたようです。



現場と思われる場所には、白い看板が立てられていて、警察が目撃者を捜していました。

ちなみに連絡先は、小牧警察署 交通課(電話番号:72-0110)。

犯罪、事故、防災(桃花台 便利リンク集)
[ 桃花台周辺で起きた、「事件・事故」関連の記事(桃花台新聞)]
道端で倒れていた男性、死亡(小牧市大草)
交通事故の目撃者を、探していました(春日井市桃山町)
城山で起きた交通事故(小牧市城山)
コンビニ強盗(小牧市古雅)

[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-28 23:10 | 交通事故 | Comments(0)

正月3日間のイベント:1月3日(火)(アピタ桃花台店)

アピタ 桃花台店」では、正月3日間に、様々なイベントが行なわれるそうです。

今回の記事では、そのうちの、来年(2006年)1月3日(火)に行なわれるイベントについて、書こうと思います。
「招福! 新春 餅つき大会」
時間:午後11時 から 午後11時40分
    午後 2時 から 午後 2時40分 ※計 2回 ※各回 先着200名

「ヨーヨーパフォーマンス&マジックバルーン」
時間:午後 1時 から 午後 1時30分
    午後 3時 から 午後 3時30分 ※計 2回公演
ショッピングセンター、コンビニ(桃花台 便利リンク集)
[ 年末年始のアピタ桃花台店 関連の記事(桃花台新聞)]
年末年始の営業時間(アピタ桃花台店)
正月3日間のイベント:1月1日(日)(アピタ桃花台店)
正月3日間のイベント:1月2日(月)(アピタ桃花台店)

[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-28 15:32 | イベント情報 | Comments(0)

代替交通機関としてのバスの運行を打診(桃花台線)

桃花台線(ピーチライナー)」の廃止後、「代替交通機関」として、バスの運行が検討されています。そのバスの運行について、「名鉄バス」と「あおい交通」に対し、運行の打診が行なわれたそうです。

代替バスの運行を2社に打診(日刊県民福井)

桃花台線(名鉄バス)
桃バス(あおい交通)
小牧市 巡回バス

公共交通機関(桃花台 便利リンク集)

追記(12月29日)
中日新聞」にも、まったく同じ内容の記事が、掲載されていました。

代替バスの運行を2社に打診(中日新聞)

また、中日新聞の紙面の方にも、まったく同じ内容の記事が掲載されていました。
(12月28日(水)朝刊 28面)
[ 桃花台線関連の記事(桃花台新聞)]
県の「代替交通機関」に関する案に対して(桃花台線)
桃花台線廃止後の提案:桃花台・小牧間に巡回バス
「桃花台線」に関する新聞記事

上記以外にも、「桃花台線」に関する記事を、多数書いています。興味のある方は、「桃花台線(ピーチライナー)」のカテゴリを、ご覧下さい。

[PR]

by kyu3_2 | 2005-12-28 15:20 | 桃花台線(ピーチライナー) | Comments(0)