カテゴリ:この街への提案( 15 )

歩車分離式信号をニュータウン全体に設置すべきだ(桃花台交番前交差点、他)

昨年(2009年)末から桃花台交番前交差点に、"歩車分離式信号"が設置されました。


桃花台交番前交差点↓(※2005年に撮影されたものです。)
桃花台交番前交差点
桃花台交番前交差点 posted by (C)kyu3

歩車分離信号の普及を進める団体のサイトによると、設置した場所で約70%も歩行者事故が減ったそうです。

歩車分離信号の効果(歩車分離信号普及全国連絡会)

なので「歩車分離式信号の設置」自体は大賛成!!(^^)
積極的にどんどん設置していくべきだし、「全ての信号機をこの方式に変えるべきだ!」とさえ思います。

ただ・・・「この場所1ヶ所だけ」と言うのが、すごく気になります。
もちろん理由があってこの場所に設置したのでしょうが、・・・例えば「交通量があって、かつ街の中心で目立つ」とか。あるいは「交番の前なので、たまに警察官が立って、方式が変わった事を通る人に教えやすい」とか・・・
しかし「1ヶ所だけだと"逆に危ない"?」のではないかと・・・(^^;

と言うのも、先日夜この場所を通った時、少し考え事をしていたから(?)か、思わず他の交差点と同じように、自分と同じ方向に向かう自動車が青色で動き出したのと同時に、思わず横断歩道を渡ろうとしてしまった事があったからです。
すぐに気づいて止まったのと、その時曲がってくる車がなかったので良かったですが、・・・もし「気づかず、かつ曲がってくる車があったら」と考えると、ゾッとしました。(^^;
このような場面は、結構この交差点で見かけます。歩行者の人だけでなく、車が「青色に変わる」と勘違いして、動き出したりしたところも、何度も見かけました。

ただ上記でも書いたように、この方式の信号自体は、大賛成です。しかし今のまま"1ヶ所だけ"の状態が続くと、いずれ方式が異なる事で、事故が起きるのではないかと・・・。

そこで今回の提案なのですが、桃花台ニュータウン内にある全ての信号機を、この方式(歩車分離式)に変更したら良いのではないかと思います。
そしてニュータウンの入り口に、『この先、桃花台ニュータウン内は、全て信号機が"歩車分離式"になっています』と書かれた大きな看板を設置すれば良いのではないかと。
こうする事で、ニュータウン内の交通事故を減らせるのではないかと思います。また「1ヶ所だけ方式が異なる」よりは、まだこちらの方が良いのではないかと・・・。

(ただ・・・先日ニュース番組で"歩車分離式"が取り上げられていたのですが、県内の歩車分離式信号(確か80基)が設置された交差点では「今のところ事故は1件も起こっていない」との事。(^^;
なので「事故が起ききそうだ」と言う私の懸念は、"杞憂"かもしれませんが・・・・。(^^; )

ちなみに愛知県警は、交通死亡事故を減らす目的で、今後「歩車分離式信号を積極的に推進する」としています。

歩車分離式信号(Wikipedia)
「歩車分離式信号」で検索(Yahoo! Japan)
「歩車分離式信号」で検索(Google)
「歩車分離式信号」で検索(Google ニュース)

信号機が歩車分離式に変更!(桃花台交番前交差点)(桃花台新聞)
交通事故の目撃者、求む - その21(桃花台交番前交差点)(桃花台新聞)

地図(桃花台 便利リンク集)
犯罪、事故、防災(桃花台 便利リンク集)
[ 交差点関連の記事(桃花台新聞)]
交通事故の目撃者、求む - その33(桃陵中学校前交差点)
交通事故の目撃者、求む - その32(高根交差点、小牧市高根)
信号機が歩車分離式に変更!(桃花台交番前交差点)
交通事故の目撃者、求む - その31(光ヶ丘1丁目交差点、小牧市光ヶ丘1丁目・6丁目)

[PR]

by kyu3_2 | 2010-04-18 04:56 | この街への提案 | Comments(0)

区長会はブログを立ち上げるべきだ

他の地域では「自治会」と言われているものが、小牧市では「○○区」(例:城山1丁目区)と呼ばれています。そして他の地域で「自治会長」に当たるものが、小牧市では「区長」と呼ばれています。その集まりが「区長会」と言うものなのですが、その区長会の活動に関する記事が、『広報こまき 12月1日号』に掲載されていました。

広報こまき2009年12月1日号 No.1108(小牧市役所)
 └ 地域密着!「ご近所さん」のチカラ(※PDF形式)
  └ 上記PDFファイルをGoogleドキュメントビューアで開く

その中に次のような記述がありました。
回覧・配布物の削減に関するガイドラインを策定しました

市では、区長業務の軽減を図るため、行政区との協働・支援のあり方研究プロジェクトチームを立ち上げました。その中で、各区における公文書配布業務の見直しを行い、「回覧・配布物の削減に関するガイドライン」を策定しました。これにより、金融機関やコンビニなどの協力によって店頭のポスター掲示やチラシの設置をしていただくなど、より皆さんの目に触れやすい手段をとっていくことになりました。

『広報こまき 12月1日号』より
小牧市内だけでなく日本の多くの地域(特に都市部)がそうだと思いますが、地域内の住む人のほとんどが自治会活動を敬遠する傾向にあると思います。最近では「地域を見直す」等々の考えを持つ人も増えてきており、地域活動に参加する人の数も増えていると思いますが、割合で言えばその地域の多数派ではないでしょう。
そのような現状だと、自治会長(小牧市風に言えば区長)と言う地域におけるある種の役割を持った活動をする場合、結果的に「自治会長に選ばれた人だけが苦労する」と言う事も少なくないのではないかと。

そこで上記の内容に戻りますが、区長業務の軽減や無駄な配布物の削減のため、金融機関やコンビニなどの店頭にポスターやチラシを貼ると言う事は、とても良いアイデアだと思います。ただ「実際どれくらいの人が見るか?」と言われれば、おそらく多くの人は、金融機関やコンビニなどの店頭などに貼られているポスターやチラシは見ないのではないかと。
もちろんだからと言って、「それを止めるべきだ」とか「やっても意味がない」と言いたい訳ではありません。区長業務の軽減を図る意味では、このようなやり方は、効率的で意味のある活動だと思います。しかし他にも良いやり方があるのではないかと思います。それが今回提案したい内容です。具体的にはタイトルにある通り、「区長会はブログを立ち上げるべきだ!」と言うものです。

先日とあるテレビで放送されていた事なのですが、「現在日本国民の約70%の人が、何らかの方法でインターネット経由で情報を得ている」との事。これだけ多くの人がインターネットから情報を得ているのですから、各区長会とは言いませんが、ある程度の地域でまとまって1つのホームページを立ち上げる事は、とても効率的で良い事と思います。
インターネットであれば、24時間誰もがいつでも情報を確認できます。チラシやポスターなどもPDFファイル等の形で公開すれば、無駄な配布物を減らす事にもなります。また区長をやられている方にとっても、インターネットに接続されたパソコン(または携帯電話)があれば、家にいながらにしても情報を公開できます。

更に言えばそのホームページを、是非ブログでやって欲しいのです。なぜ「ブログ」かと言えば、その方が作る側にとっても見る側にとっても、普通のホームページよりメリットがあるからです。
まず作る側のメリットですが、普通にホームページを作成するのに比べて、HTMLなどの知識がはるかに少なくて済みます。しかもある程度見栄えの良い、"定型的"なページを作成する事ができます。更新作業が簡単です。多くのブログサービスがインターネット上にあり、そのほとんどが無料です。しかも携帯電話からも更新できるものも沢山あります。
一方見る側のメリットですが、自由度が高いホームページは、えてして"個性的"な形になりがちです。それが悪いと言う訳ではありませんが、見る側としては「どこに何があるのか」、「どうやって探している情報に辿りつけるのか」が分かりづらい場合が多いです。しかしブログであれば"定型的"なページが作られるので、見る側にとって何処に何があるのか、非常に分かりやすいです。また作成したページ(投稿された記事)は日付けや月ごと、または設定したカテゴリごとに分類して表示する事もできるので、そう言った方法で情報を探す事もできます。
あとブログのほとんどが「RSS」や「Atom」と言ったフィード機能を搭載してます。そのためそれらを受信して見る事ができるフィードリーダー(いわゆる「RSSリーダー」)を使えば、わざわざ直接ブログを見に行かなくても、ブログの内容や更新をすぐに確認できます。

作る側にとっても見る側にとってもブログは効率的で、とても都合の良いものだと思います。この記事を読んだ区長の方々、あるいは小牧市内に住んでいる皆さん、是非とも自分達の住んでいる地域のブログを立ち上げてみてはいかがでしょう?

ちなみに、実際すでにやっている地域もあります。

朝日町内だより・・・小牧駅周辺にある旧・朝日地区のブログ。
春日井市玉野町・・・春日井市東部にある玉野町のブログ。

またブログではありませんが、ホームページを立ち上げている地域もあります。

桃花台ニュータウン区長会
下末区公式ホームページ

天気予報、ニュース、ブログ(桃花台 便利リンク集)
各種団体(桃花台 便利リンク集)
お薦め地域サイト(桃花台 便利リンク集)

追記(2010年4月30日)
コメントで書いた「高齢者のインターネット利用者増」について、それを裏付ける調査結果を見つけたので、下記に掲載しておきます。

60代のインターネット利用率が急伸、PCより携帯を活用 【平成21年 通信利用動向調査】(MarkeZine)
[PR]

by kyu3_2 | 2009-12-18 05:33 | この街への提案 | Comments(16)

春日井市民病院に関する提案

「この街への提案」・・・と言っても、桃花台ニュータウンの事でもく小牧市内の事でもないのですが・・・(^^;

春日井市民病院は、桃花台ニュータウン住民にとって、とても重要な医療機関です。桃花台線が廃止されたことで終日病院前を通る名鉄バス路線が開通した事で益々利便性が向上し、重要度も増したように思います。
ただ春日井市民病院は、経営的には少し苦しいようです。

昨年度の赤字が約10億円(春日井市民病院)(桃花台新聞)

また病院を経営する春日井市も、財政的にはかなり厳しいようです。

そこで「春日井市民病院の財政状況が少しでも改善すれば・・・」と思い、以前上記の記事でも書いた案を、具体的にまとめてみました。

この案は、病院関係者(医師・看護師などの病院職員)やそれを経営する春日井市だけでなく、患者や病院にお見舞いに来た人達、更に周辺の店の4者にとってメリットがある案だと思います。 (^^)

まずはインターネットを使った案から。


1.病院公式サイトに店舗案内とバナー広告

タイトル通り、「インターネットを使った案」とは、"病院公式サイトに店舗案内のページを設け、そのページにバナー広告を設置する"と言うものです。
具体的には、以下の画像のようなページを作成するのが良いと思います。

春日井市民病院公式サイトのバナー広告設置案
春日井市民病院公式サイトのバナー広告設置案 posted by (C)kyu3
(※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。)

このページを作成するのに当たって掛かる費用は、「0円」です。元々ある病院公式サイトに作成する訳ですし、後で書きますがバナー広告などの画像は、広告を希望する業者側に作ってもらえば済みます。
掲載する情報は、周辺店舗の位置を示した地図と営業時間などが良いと思います。これらの情報はお店を利用する側にとって重要ですし、めったに変わらないので更新もそれ程難しくないでしょう。

ちなみに上記の画像では、営業時間は一番下の方にタイトルだけ書かれています。また地図についですが、私が桃花台便利リンク集の「春日井市民病院前の飲食店街」用に作成した地図画像を利用しましたが、病院公式サイトのアクセスページのように、Google マップを使ったものでも良いでしょう。
(※桃花台便利リンク集の地図画像については、実際このようなページを作成する際、使ってもらって結構です。人に使ってもらう事を前提に作成しているので、気兼ねなく使って下さい。)

春日井市民病院の周辺には、沢山の飲食店があります。そのため、診察を受けに来た患者さんが待ち時間の間や診察後などに、周辺のお店に食事をしに行く事は結構あると思います。またお見舞いに来た人も「見舞い後に周辺のお店に食事をしに行く」と言う人は、結構いると思います。
なので、このような情報が公式サイトにあれば、とても役立つと思うのです。

ただ地図と営業時間だけだと、情報量としては必要最低限しかありません。人によっては「お店について、もっと詳しい情報(例えばメニューや値段など)が知りたい」と言う方もおられるでしょう。
そこでお店の公式サイトのリンクを設置するのですが、・・・これを"バナー広告"と言う形で設置します。上記の画像で言うと、地図の右側にある部分がそうです。
"バナー広告"の収入は、市民病院を運営する春日井市に入ります。額面的には大した額ではないでしょうが、それでも少しは市民病院運営に役立つのではないかと思います。またお店側もメリットがあります。春日井市民病院などの大病院のサイトは、日々沢山の人が閲覧している事でしょう。そこから自身のお店のサイトに誘導できるのですから、サイトのアクセス数は増えるでしょうし、これをきっかけにお店に訪れる人も増えるのではないかと思うからです。
なので「広告を出したい」と考えるお店は、結構いるのではないかと思います。

ちなみに、これまで飲食店を前提に書いていますし、これからも基本的にそうなのですが、必ずしも飲食店だけにこだわる必要はないと思います。例えば上記の画像では"バナー広告"の欄に、"花屋"や"薬局"のバナーも作りました。実際春日井市民病院の周辺にはお花屋さんがありますし、薬局や小さな個人病院なども複数あります。これらの店舗・施設に関するバナー広告も、載せて良いと思います。
ただ病院周辺にない店舗等々に関しては、このページにはバナーを設置しないで、別のページ(例えばトップページとか)に設置した方が良いと思います。その方がこのページが分かりやすくなりますし、使い勝手の面でも良いと思うので。

それと「このようなページを作成する」と言う事は、春日井市側にとっては"地域振興"にもなると思います。


2.病院内の一角に周辺店舗案内所を設ける

上記のような周辺店舗の情報は、患者さんやお見舞いに来る人にとっては、とても貴重な情報だと思います。しかし必ずしも皆がインターネットから情報を得られる訳ではないですし、当然病院周辺に飲食店が沢山ある事を知らずに訪れる人もいるでしょう。
そこでもう1つの提案は、タイトル通り、「病院内の一角に周辺店舗案内所を設ける」と言うものです。

「案内所」と言っても、「誰かがそこにいて、来訪者に情報を教えてあげる」と言うものではありません。設置するのは「1」の公式サイトで使った情報(周辺店舗の地図等々)と、店舗の割引券などを置く為の机か棚です。

まず地図についてですが、これは公式サイトで使用したものをそのまま拡大コピーするのが、一番手っ取り早いのではないでしょうか。それをコーナーの壁などに貼っておけば良いと思います。あと携帯できるように、小さい紙にプリントするのも良いと思います。
それと地図や営業時間などの情報だけでは、集客効果はあまり期待できないのではないかと思います。そこで各店舗の割引チケットや、メニューなどが書かれた紙を設置します。

病院は結構広いので、上記のような事が実現できるくらいのスペースなら、十分確保できるでしょう。地図や割引券などを置く机や棚にしても、病院で余っているものを使えば、新たなる費用はほとんどかかりません。また割引券などは、基本的にお店側が管理・補充するようにすれば、病院側の手間はほとんどかかりません。
お店側はこのコーナーによって、集客効果を期待できると思います。なので「やりたい」と言う業者は結構いるのではないかと思います。

それと割引券の設置は、病院に勤める医師や看護師、事務関係者などの病院関係者にとっても、メリットがあると思います。彼らのうち「病院周辺の店舗に食事に行く」と言う人は、結構いるでしょう。病院から近いですから、「昼休みに行く」と言う人も多いでしょう。そこで割引券などが病院内にあれば、とても助かると思います。
またこれは、病院を運営する春日井市にとっては、病院関係者への"生活支援"と言う事にもなります。病院の魅力や働きやすさが増せば、職員の辞職率を下げる効果も期待できるでしょうし、「働きたい」と言う人も増えるのではないでしょうか?

あとこれはもう1つ踏み込んだ案なのですが・・・実際、割引券を病院関係者が毎回このコーナーに取りに行くのは面倒ですし、昼休みならその分休み時間が減る事になりませす。またあればいいですが、折角行って無いと、相当落ち込むでしょう。(^^;
なので割引券に関しては「職員専用のものをどこかにまとめて置く」と言う方法もあるかと思いますが・・・補充の手間などを考えると、少し現実的ではないように思います。

そこで、例えば病院関係者である事を証明する"社員証"ならぬ"職員証"みたいなものがあれば、「それを店舗に提示すると"1割引き"になる」と言ったサービスが受けられるようになると、病院関係者にとっては非常に都合が良いと思います。職員専用の割引券を補充する必要もありませんし、わざわざ毎回割引券を取りに行く手間もなくなるので。
ただこのようなサービスを実現するには、春日井市が各店舗と交渉する必要がありますが、・・・もし実現できれば、上記でも書きましたが、春日井市はほとんど費用をかける事なく、病院関係者への生活支援を実現する事ができます。そのため春日井市にとっても、メリットがある事だと思うのです。

春日井市の職員の方、または病院関係者の方、あるいは春日井市民の方、もし良かったら検討してみて下さい。 (^^)



春日井市民病院(Wikipedia)
春日井市民病院(Yahoo!ヘルスケア:病院情報)
「春日井市民病院」で検索(Yahoo! Japan)
「春日井市民病院」で検索(Google)
「春日井市民病院」で検索(goo ブログ)

医療、健康(桃花台 便利リンク集)
春日井市民病院前の飲食店街(桃花台 便利リンク集)
[ 春日井市民病院関連の記事(桃花台新聞)]
昨年度の赤字が約10億円(春日井市民病院)
敷地内全面禁煙化 - その2(春日井市民病院)
メタボリックシンドロームの予防と対策に関する講座(春日井市民病院)
公式サイトが全面リニューアル - その3(春日井市民病院)
[ 春日井市民病院前の飲食店街関連の記事(桃花台新聞)]
魚河岸丸忠春日井店の跡地にお好み焼きと鉄板焼きのお店がオープン(春日井市西山町)
中國旬菜料理「さとわ」が閉店(春日井市南下原町)
沖縄料理店の跡地に焼肉屋がオープン(春日井市西山町)

 上記の記事以外にも、春日井市民病院前の飲食店街に関する記事を、多数書いています。もし興味のある方は、桃花台便利リンク集の「トラックバック(春日井市民病院前の飲食店街)」をご覧下さい。

[PR]

by kyu3_2 | 2009-04-17 04:17 | この街への提案 | Comments(4)

小牧市公式サイトへのバナー広告設置案

去年(2007年)の12月にリニューアルされた小牧市の公式サイトへの"バナー広告"の設置に関するアイデアを、今回書こうと思います。

私の案は、以下のスクリーンショットの修正画像のように、「最上部の画像部分の右端に設置する」と言うものです。
小牧市公式サイトの広告設置案(修正)
小牧市公式サイトの広告設置案(修正) posted by (C)kyu3

ちなみに、元になっているスクリーンショットの画像は、以下の画像です。
小牧市公式サイト_2008/5
小牧市公式サイト_2008/5 posted by (C)kyu3

上記の2つの画像はいずれも、クリックすると拡大した画像が表示されます。

では「なぜこの場所なのか?」と言うと、
1.デザインが崩れない。
2.広告として目立つ。
3.誤ってクリックされにくい。
この3つの理由からです。

「1」の「デザインが崩れない」と言う点ですが、今の小牧市の公式サイトは、デザイン的にはとても優れていると思います。見やすいですし、情報も比較的探しやすいと思います。
その為できるだけ今と同じような状態を保つ為には、この場所が一番良いのではないかと思うのです。

次に「2」についですが、この位置は常に目に入りやすいので、広告としては非常に効果的な場所だと思います。

「3」の「誤ってクリックされにくい」と言う点ですが、「広告」と言う枠で括ってしっかりと色分けしてあるのもありますが、わりとはっきりと下のメニュー部分(例えば「よくある質問」や「問い合わせ」の部分)とは、区別されやすいと思います。
その為、誤ってクリックされる可能性は、他の場所に設置するよりも比較的少ないように思われます。

ただ「誤ってクリックされにくい」と言う点については、「バナー広告」としては、少し広告効果が低いと言わざるをえません。
一般のサイトだとバナー広告やアフィリエイト広告は、必ずと言って良い程、誤ってクリックされやすい位置にあります。例えば上記の画像で言うと、右側にある「トピックス」の欄とか、あるいは「注目情報」や「新着情報」などの個別の項目へのリンクの下辺りとか。なぜかと言うと、クリックされる事でサイト設置者へ報酬が入る仕組みなので、「より多くの報酬を得よう」と考えると、どうしてもそうならざるをえません。
一方"サイトを見る側"としては、多くの広告が誤ってクリックされやすい位置にあるサイトは、非常に見づらいです。また誤って広告をクリックしないよう、気を使わなければなりません。
そう言った事を避ける意味でも、"自治体のサイト"と言う性格上、この位置が一番良いのではないかと思います。


他にも、市の公式サイトへのバナー広告設置に関して、いくつか案があります。それは、
1.広告に関する注意を促すページへのリンクも、広告の近くに設置する。
2.地元(小牧市内)の企業や店舗に限定した広告枠を設ける。
と言う2つの案です。

「1」の「広告に関する注意を促すページ」と言うのは、具体的には、インターネット事情にあまり詳しくない人が、誤って広告を出している企業や広告に載せられている製品を「市が推奨している」と思わないように、「市が推奨しているものではありません」などと言った"注意書き"を書いておくページです。
インターネットが普及したとは言え、市の公式サイトを見る人が、必ずしも"インターネット事情に詳しい人"とは言えないと思います。その為、上記のような"誤解"が起こる可能性も、なきにしもあらずではないかと、私は思うのです。
そこで上記の画像には、広告の上に「注意点」と言うリンクを設けてみました。具体的にはここをクリックすると、上記の「市が推奨しているものではありません」と言った内容が表示される仕組みです。

次に「2」についてですが、バナー広告を設置する一番の理由は、「市の財源を確保する事」です。しかし仮に地元企業や地元の店舗限定の広告枠を設けたならば、バナー広告に「地域振興」の役割も与えられる事になります。それは市としては、とても意味がある事ではないでしょうか?
具体的に上記の画像の場合、全部で3つの広告枠が設けてあります。その右端部分(□X文具)を、私は「地元枠」としてみました。地元にある店舗が市の公式サイトに広告を載せる事は、非常に意味がある事だと思います。なぜなら市の公式サイトは、地元の人以外ほとんど見ないだろうからです。

公式サイトが全面リニューアル - その2(小牧市)(桃花台新聞)
小牧市の公式サイトが・・・(桃花台新聞)

公式サイトと広報誌に広告掲載(春日井市、他)(桃花台新聞)
広告を増やして財政再建(春日井市)(桃花台新聞)

市役所、公共施設(桃花台 便利リンク集)
[ 桃花台ニュータウンの街作りや小牧市の政策に関する提案(桃花台新聞)]
この場所をドッグランにしたら、・・・ - その2(桃花台中央公園)
猫が増え過ぎ?(桃花台中央公園)
ピーチバスの改善提案

 上記の提案以外にも、桃花台ニュータウンの街作りや小牧市の政策に関する様々な提案を、記事にしています。もし興味のある方は、カテゴリ:「この街の提案」か、あるいは桃花台ニュータウンの最悪な歩道整備に関しては、カテゴリ:「最悪な歩道」をご覧下さい。
[ 小牧市の政策・行政サービス関連の記事(桃花台新聞)]
"路上禁煙区域"の設置が延期(小牧市)
市政モニターの募集(小牧市)
レジ袋有料化導入へ(小牧市)
組織改正(小牧市役所)

[PR]

by kyu3_2 | 2008-06-08 08:41 | この街への提案 | Comments(0)

桃花台中央公園に関する提案:ドッグランの整備

最近桃花台中央公園に、「を放さないで!」と言う看板が立てられました。以前この公園の猫について記事を書いた時「このままだと禁止する看板ばかりが立って、結果住民にとって使い難い公園になってしまうのでは・・・」と書きましたが、まさにそんな公園に近づいていっている印象を持ちました。

犬を放す側の気持ちとは、どんなものでしょう?私の家も昔犬を飼っていた事があるので、「綱を持っているのが面倒くさい」と言う気持ちは解からなくはありません。しかしそれでは他の住民には迷惑です。だからこう言う考えは論外にしても、例えば「犬の運動不足を解消させたい」とか、「犬のストレスを発散させたい」と言う人もいると思います。

そこで提案なのですが、公園内にドッグランを作ってみてはどうでしょう?

ドッグラン(メインドッグラン)
ドッグラン(メインドッグラン) posted by (C)aren
(※上の写真は、和歌山県にあるドッグランがある宿泊施設「パートナーズハウス ゆあさ」を撮影したものです。)

「行政」と言うのは、住民から何か言われれば、一応それに対応せねばなりません。その結果が、公園の到る所にある様々な注意書きだと思います。ただ「ここで野球をするな!」とか「猫にえさをやるな!」と言う看板を掲げても、結果的には誰も止めようとはしません。実際禁止されている場所では今でも野球をやっている子供を見かけますし、猫にエサを与えている人も時々見かけます。
「住民がしたい」と思っている事を禁止するのは簡単ですが、止めさせるのは非常に難しいです。それに「野球は迷惑だ!」とか「猫が嫌いだ!」と言うのも住民感情ですが、「野球がしたい!」とか「猫が好きでエサをやりたい!」と言うのも、住民感情だと思います。

そこで私が提案したいのは、野球の場合は"野球が安全にできるように、その場所を変える"とか、子供たちに"他の人が通る時は、一時プレーを中断する"などの取り組みをするべきだと思います(実際子供たちは、誰かが通るときは中断していますが)。
また猫に関しては、避妊や中絶に取り組んで猫が増え過ぎないようにしたり、あるいは食べ残したエサなどの掃除を行なったりするなどの行動を行なう為の"組織作りを、猫にエサをやっている人にするようにしてもらう"と言う方法が良いのではないかと思います。

そして犬を放す事に関しては、「犬が恐いから、放すのは止めろ!」と言うのも住民感情ですが、「犬のストレス解消や運動不足解消に、犬の綱を放したい」と言うのも、住民感情でしょう。禁止しても、結局やる人はやる。
繰り返しになりますが、そこで提案したいのが、"公園内にドッグランを作る"と言う案です。こうする事によって、放したい人も放す事ができますし、一般的なドッグランのようにきちんと柵で囲む事によって、犬が恐い(または嫌い)な人も、安心して公園で時間を過ごせる事に繋がると思います。

ドッグランで遊ぶ疾風
ドッグランで遊ぶ疾風 posted by (C)万里パパ
(※上の写真は、東京都の「小金井公園」内にあるドッグランを撮影したものです。この公園のようにフェンスで囲うのは、桃花台中央公園だと難しいかもしれませんが、犬が飛び越えない程度の木の柵でも、安全性はある程度確保できると思います。)

では、具体的に「どこに設置したら良いのか?」と言う点ですが、下の画像は、ニュータウン内にある街の案内板を撮影した写真を使って私が作成した、桃花台中央公園の地図です。私は芝生広場にある野外ステージの右側にある水色の部分と、芝生広場の左下にある黄緑色に塗られた場所のどちらかに作ったら良いのではないかと思います。

桃花台中央公園にドッグラン(修正)
桃花台中央公園にドッグラン(修正) posted by (C)kyu3

「なぜこの場所か」と言うと、水色に塗られた場所は比較的平坦な場所なので、犬にとって走りやすいと思います。また休日などの人の多い時も、あまり使われていないので、公園を使っている他の人の邪魔にもならないと思います。
黄緑色の方は少し起伏がありますが、柵で囲みやすいのではないかと思ったからです(よくよく考えてみたら、あまり深い理由はありませんでした。 (^^;> とにかく隅っこが良いと思うので、それで選びました。)。
あとは、芝生広場の反対側にある時計台の下辺りも、良いかなと思います。と言うのは、普段犬を飼っている人がよく集まっているからです。石が"椅子代わり"にもなりますし。



ドッグラン(Yahoo! カテゴリ)
「ドッグラン」で検索(Yahoo! Japan)
「ドッグラン」で検索(Google)
「ドッグラン」で検索(Google ニュース)
「ドッグラン」で検索(フォト蔵)
「ドッグラン」で検索(YouTube)

イヌ(Yahoo! きっず:図鑑)
(All About)
(Yahoo! カテゴリ)

「犬」で検索(Yahoo! Japan)
「犬」で検索(weblio)
「犬」で検索(フォト蔵)
「犬」で検索(YouTube)

この場所をドッグランにしたら、・・・(小牧市城山1丁目)(桃花台新聞)
会員制のドッグラン(小牧市大草)(桃花台新聞)

ペット(桃花台 便利リンク集)
レジャー・娯楽施設(桃花台 便利リンク集)

追記(4月23日)
なかなか文章だけだと伝わり難いと思ったので、上記本文にフォト蔵で公開されている写真を、追加しました。いずれもドッグランで犬たちが遊ぶ光景を撮影した写真です。


あともう1つ、私が「ドッグランを作った方が良い」と考える理由があります。それは「ドッグランが、桃花台ニュータウンの1つの"セールスポイント"になるのではないか」と思うからです。

一戸建て住宅を購入しようと考える人の内、かなりの割合の人が、「購入した家で犬を飼いたい」と考えている事でしょう。また「犬が飼いたいから家を購入する」なんて人も、中にはいると思います。
なので、もし街の中にドッグランがあったら、それがこの街の住宅を購入する1つの動機につながるのではないでしょうか。またそれは必然的に、既存の住宅の価値を高める事に繋がるのではないでしょうか。

フォト蔵(Wikipedia)
「フォト蔵」で検索(Google)
「フォト蔵」で検索(Google ニュース)
「フォト蔵」で検索(Yahoo! Japan)

追記(7月25日)
今年(2008年)も8月上旬に行なわれる桃花台まつり。そのパンフレットに、会場となる桃花台中央公園の案内図が掲載されていました。以下の画像は、そのパンフレットをスキャンしたものです。
(※上記の桃花台中央公園の案内図と地図画像とは、南北がおおよそ反対になっています。)

桃花台まつり2008会場案内図
桃花台まつり2008会場案内図 posted by (C)kyu3

毎年桃花台まつりがこのような状態になるのかどうかは分かりませんが、仮にそうだとしたら、上記の「ドッグランを作ったら・・・」として書いた"水色"と"黄緑色"の2ヶ所は、いずれも何もないようです。逆に"時計台の周辺部"は「キッズスペース」となっており、恐らくテントが張られ、椅子や机などが置かれるものと思われます。
そうなってくると、"時計台の周辺部"にドッグランを作るのは、少し難しいかもしれません。と言うのも、祭の時にドッグランの柵が邪魔にをなると思うので。 (^^;
「移動できる柵(またはフェンス)を使う」と言う手もあるかと思いますが、完全に地面に固定しない方式のものだと、倒れてしまったり等々、強度に問題があるのではないかと・・・思います。
(誰かがもたれかかったら、倒れるとか。)

あと"水色"と"黄緑色"の2ヶ所について改めて考えてみたのですが、私はやはり"水色"の方が良いと思います。と言うのも、"黄緑色"のすぐ横にある歩道(上記の祭会場の案内図では"右"側。それ以外の地図では"左"側。)は、ピエスタピアーレへと向かう人がよく通っています。言い換れば「公園内で比較的人通りが多い所」とも言えるでしょう。
その為、ここを通る人に吠えかかったりする可能性も考えられます。また入り口のドアが開いていて犬が柵の外へ出てしまった時を考えると、"黄緑色"の場所はすぐ歩道に達してしまいますが、"水色"の方は少し距離があるので、到達に時間がかかります。その分捕まえやすくなり、その歩道を歩いている人に危害を加えてしまう可能性を、少しは減らせるのではないかと思うからです。

商業施設、コンビニ(桃花台 便利リンク集)
[ 桃花台中央公園関連の記事(桃花台新聞)]
猫が増え過ぎ?(桃花台中央公園)
犬の糞の一斉清掃 - その2(桃花台中央公園、他)
消防車が出動!?(桃花台中央公園)
桃花台まつり - その2(桃花台中央公園)
[ 犬関連の記事(桃花台新聞)]
犬の糞の一斉清掃 - その2(桃花台中央公園、他)
庄内川岸に放置犬(春日井市高蔵寺町)
この場所を、ドッグランにしたら、・・・(小牧市城山1丁目)
犬・猫と一緒に、記念撮影会(名古屋ハウジングセンター春日井会場)

[PR]

by kyu3_2 | 2008-04-17 19:57 | この街への提案 | Comments(0)

猫が増え過ぎ?(桃花台中央公園)

去年(2006年)辺りから「桃花台中央公園にいる野良猫が、ずいぶん増えたなぁ~」と言う印象がありました。
つい最近ですが、気になったので、一度午後7時頃のもっとも猫が多い時間帯に、桃花台中央公園を北端から南端まで猫の数を数えて歩いてみました。するとその日は、全部で"18匹"の猫を確認しました。しかし普段見かける何匹かの猫を、その日は見かけなかったので、個人的な推測ですが、おそらく「30~40匹位の猫が、桃花台中央公園に生息しているのではないか」とと思われます。

個人的な話をすれば、私はどちらかと言えば、猫が好きな方です。そのため道に大勢猫がいても、特に気にはなりません。ただそうは思わない人もいくらかいるようで、最近では猫を追いまわしたりする人も、まれに見かける事があります。また「BB弾で射撃の的にしていた」と言うひどい人の話も、聞いた事があります。

では「なぜここまで猫が増えたのか?」と言うと、おそらく以下の2つの要因が主な理由だと思われます。
1.猫にエサを定期的に与える人がいる(安定的な食事の確保)。
2."過剰な植え込み"や雑木林などがあり、猫が隠れるのに適している(猫にとって安全な場所・逃げ場がある)。
「1」については問題視する人がいるようで、市役所に苦情が行ったらしく、今年(2007年)の夏辺りに、公園内に『野良猫にエサを与えないで下さい』と言う立て看板がいくつか立てられました。

ただ私が聞いた話だと、この立て看板が立てられたのは単に"猫が増えすぎたから"ではなく、"猫に与えているエサが問題を引き起しているから"なのだそうです。具体的には、以下の2つの話を聞きました。
A.桃花台中央公園の清掃を請け負っている人が、猫が食べずに残ったエサの片付けが面倒だから苦情を言った。
B.猫が食べずに残ったエサがベンチの近くにあり、それに群がったアリが、ベンチでオムツを代えられていた赤ちゃんに噛みついたから苦情を言った。
正直「A」「B」のどちらも・・・う~むぅ (~~;?
この苦情が正当なものかどうか、悩むところではあります。

まず「A」についてですが、清掃するのが彼ら(清掃を請け負っている人)の仕事なので、それが「面倒だから」と苦情を言うのはおかしいと思います。
次に「B」についてですが、確かに猫に与えたエサにアリが群がっているところを、何回か私も見た事があります。「『猫はアリが群がっているエサは食べない』らしく、それがベンチの近くにあり、たまたまそのベンチでオムツを代えていたら赤ちゃんがアリに噛まれた」と言う話は、少し理解できます。
たぶん逆算すると解かりやすいと思うので書くと、次のような感じだったのでしょう。
ベンチでオムツを代えていたら、赤ちゃんがアリに噛まれた。
   ↓
近くに猫に与えられたと思われるエサがあり、それにアリが群がっていた。
   ↓
赤ちゃんが噛まれた原因は、猫にエサを与えるからだ。
ただ"アリ"と言うのは基本的にどこにでもいるもので、"群がっていたのが見えたので、それが原因だ"としたのでしょうが、果たして"噛んだアリがその群がっていたアリなのかどうか"と言うと・・・・つまり「問題は"アリ"であって、"猫"でも"猫にエサを与える人"でもないのではないか」と言う事です。あと「赤ちゃんの尿の匂いがアリを誘うのではないか」と言う疑問もあります。
いずれにせよ、"赤ちゃん"にも"オムツを代えていた人"にも何の責任もないのですが、この問題が頻繁に起こる問題ではなく、たまたまこの時起こってしまった出来事ではないかと・・・。

話が少し逸れますが、・・・
他にも桃花台中央公園には、『ここでボール遊びをするな!』と書かれた立て札が立てられています。『猫にえさを与えるな!』もそうですが、「"規制"に次ぐ"規制"で、結果的に多くの人に使い難い、居心地の良くない公園になってしまうのではないか」と言う懸念も。

今回は「猫」が主題なので、話をそちらに戻しますが・・・
野良猫の数がかなりの数になり、結果的に住民との衝突も起こっている事でしょう。そこで提案なのですが、「地域猫」と言う考え方を取り入れ、"地域で猫を養い管理していく"と言う発想に切り替えた方が良いのではないでしょうか。具体的には、以下のような取り組みをすれば良いのではないかと思います。

ただ最初に言っておくと、これらを行なうには"猫に実際エサを与えている人"と"猫好きで猫の為に行動しても良いと考えている人"が、組織を立ち上げる必要があります。と言うのは、個々人でやっていては実現できないからです。
そしてその組織が活動している事を、他の住民にもアピールしていく事も重要です。インターネットで公式サイトを設けたり、活動をアピールする貼り紙や立て札を立てたり、イベントを行なったり等々。なぜなら十分なアピールを行なう事で、組織に属さない一般の地域住民からの情報や意見も集まってくるし、話し合う事もできるようになります。また組織の活動に理解が得られれば、協力してくれる人も増えていく事に繋がるからです。
Ⅰ.猫のエサを個人が好き勝手に与えるのではなく、日時を決めて行なう。
Ⅱ.エサを与える場所は、ベンチの近くなどを避ける。
Ⅲ.エサを与えた人は、猫が食べ残した分を片付ける。
Ⅳ.猫の数が増えすぎないように、去勢手術や避妊手術を行なう。
Ⅴ.子猫の貰い手を探す。
上記の内「Ⅴ」については、すでにやっている人がいて、私も一度声を掛けられた事があります。ただ私の場合シックハウス症候群なので、家で猫を飼う事ができず断りましたが。

あと「Ⅳ」についてですが、手術に関しては1匹1・2万円かかるようなので、全部をやっていたら相当な額になります。一応市が助成金を出しているので、それを利用したら良いと思いますが・・・。

犬・猫の去勢避妊助成について(小牧市役所:環境保全課)

市の助成金額は、避妊が"2500円"、去勢が"1500円"となっています。上記のページには細かな条件などは書かれていませんが、おそらく「1人何回まで」と言った制限もあるでしょうし、「年間何匹まで」と言った制限もあることでしょう。これを個人で負担していたら、とてもじゃないけれど賄いきれません。
そこでNHKの番組「ご近所の底力」で取り上げられていた事例なのですが、横浜市磯子区では地域住民がバザーなどを行ない、その費用をまかなっているそうです。

野良猫 増えて困ったニャン > 住民も猫もにっこり~横浜市磯子区~(NHK:ご近所の底力)

また個人的なアイデアなのですが、例えば「桃花台中央公園に住んでいる猫を写した"写真コンテスト"を行う」なんて言うのも、面白いかもしれません。
最近"写真好き"な人が多いので、ひょっとしたら「桃花台ニュータウン以外の地域に住んでいる人が、わざわざ撮影する為に桃花台中央公園を訪れる」なんて現象も起きるかもしれません。 (^^)
あと募集して集まった写真をインターネットで公開する事で、更に多くの人にアピールする事ができるかもしれません。そうなれば、そのサイトで手術代などの費用への募金を募ることでかなりの額のお金が集まるかもしれません。またアフィリエイトなどで費用を稼ぐなんて方法も、使えると思います。猫の写真を載せたブログで、かなりのアクセス数を誇るものもあるそうですので。それとコンテストの作品を掲載した写真集など発行して、売上金を猫の手術代に当てるなんてこともやってみても良いかもしれません。

また石川県かほく市では、猫の姿に仮装する"仮装コンテスト"や猫の仮装で踊る"ダンスコンテスト"が行なわれる「キャッツフェスタ」と言うイベントが行なわれているそうです。

キャッツフェスタ(かほく市役所)

上記のページを見てみると、猫の仮装をしている子供たちは、とても楽しそうです。 (^^)
またダンスコンテストに関して言えば、最近桃花台中央公園のステージやピアーレの建物入り口付近、小牧駅前などで、若者がダンスの練習をしているところをよく見かけます。その事から、ダンスに興味のある若者が大勢いるのだと思われるのですが、猫の仮装をするとは言え、「ダンスコンテストに出場したい」と言う若者は結構いるのではないでしょうか。

キャッツフェスタくらいの規模だと、それこそ桃花台まつりに近いくらいの規模のようなので、実現するのは難しいかもしれません。ただそれ程大きなイベントでないにしろ、このようなイベントをやってみても面白いと思いますし、それが結果的に猫と地域住民との関係性を良くする事にも繋がると思います。
またコンテストの出場費用や屋台の売上げの一部などを、猫の手術代に回せるとも思いますし。



野良猫 増えて困ったニャン(NHK:ご近所の底力)
「野良猫」で検索(Google)
「野良猫」で検索(Yahoo! Japan)

「地域猫」で検索(Google)
「地域猫」で検索(Yahoo! Japan)
「地域猫」で検索(weblio)

もうお困り猫と呼ばせない(NHK:ご近所の底力)NHKの番組「ご近所の底力」での、飼い猫のしつけに関する放送回。

ネコ(Wikipedia)
イエネコ(Yahoo! きっず:図鑑)
ネコ(All About)
(Yahoo! カテゴリ)
「猫」で検索(Yahoo! Japan)
「猫」で検索(weblio)

犬・猫と一緒に記念撮影会(名古屋ハウジングセンター春日井会場)(桃花台新聞)

ペット(桃花台 便利リンク集)
レジャー施設(桃花台 便利リンク集)
市役所、公共施設(桃花台 便利リンク集)
地図(桃花台 便利リンク集)

追記(2009年10月14日)
桃花台中央公園の猫について書いているブログの記事を、見つけました。

桃花台のTNR活動(ねこだより)
ぬこぬこファミリア(melanch0ly)

天気予報、ニュース、ブログ(桃花台 便利リンク集)
[ 動物関連の記事(桃花台新聞)]
犬の糞の一斉清掃 - その2(桃花台中央公園、他)
八田川にヌートリア?(小牧市大草)
狸と遭遇(小牧市光ヶ丘6丁目)
朝焼けに染まる空とカラスの群れ(小牧市上末)
[ 桃花台中央公園関連の記事(桃花台新聞)]
犬の糞の一斉清掃 - その2(桃花台中央公園、他)
消防車が出動!?(桃花台中央公園)
桃花台まつり - その2(桃花台中央公園)
桃花台まつり(桃花台中央公園)

[PR]

by kyu3_2 | 2007-11-25 22:32 | この街への提案 | Comments(0)

ピーチバスの改善提案

以前報じましたが、ピーチバスは運行開始から比べると、約20%利用者が減っているそうです。もしも今後利用者が減少が止まらなれば、"廃止"と言う可能性も否定できません。行政の側は「道路改良等可能な支援を行ない、公共交通機関としての利用促進を図りたい」(こまき議会だより 8月1日号(※PDF形式))と言っているそうですが、・・・道路工事は、すぐには実行できません。「計画を立て、予算を組み、決定したらようやく工事」となるので、もし行なうとしても、かなりの時間がかかることでしょう。またその結果として「どの位所要時間を減らせるか?」と言えば、未知数です。

ピーチバスで問題とされているのは、以前から指摘している通り、"小牧原駅-小牧駅間の運行時間"と"運賃"でしょう。正直、このどちらにしても、良い案は思いつきません。
"小牧原駅-小牧駅間の運行"については以前も書きましたが、「利用者の多くが小牧原駅で名鉄小牧線に乗っていること」や「小牧原駅と小牧駅の間の道路が元々不便であること」などから、他のルートに変えても時間短縮に繋がりにくいです。
"運賃"についても、愛知県や小牧市は「負担しない」と言う方針を発表していることから、行政の資金援助はまず得られないでしょう。またあおい交通も、このバスの運行の際新しいバス車両を購入するなどの費用を負担していることから、運賃値引きはそうそうできないと思われます。最近車体に広告を入れたバスも運行されるようになりましたが、それでもあまり多くの広告収入を得られているとは・・・。

そこで私自身の案なのですが、

1.朝と夕方の通勤・通学利用者が多い時間帯は、桃花台バスと同じように桃花台ニュータウンと駅(小牧原駅)との間は停車しないようにする。

2.バスの現在位置がわかるように、クラリオン社のGPSサービスを使う。

3.天然ガスで走れるように車両を改造し、環境負荷を低化させる。

「1」の案ですが、具体的には「朝・夕の通勤・通学の時間帯に限り、上末・三菱重工名誘・東田中のバス停には停車しないで通過する」と言うものです。まず東田中停留所ですが、「利用する人はまったくいない」と言っても過言ではないと思います。これまで一度も乗り降りする人を見たことがありませんし、この停留所に限って言えば、朝・夕だけでなく無くしてしまっても良いのではないかと思われます。例え利用者がいない停留所であっても、バス停があれば、バスはバス停近くで減速しなくてはなりません。これがなくなるだけでも、わずかですが、所要時間が減ると思います。
次に上末停留所三菱重工名誘停留所ですが、この2つの停留所は、何度か乗り降りするのを見かけた事があります。近くに大きな工場があるので、おそらくそこへと通勤している人だと思われます。ただ人数的には非常に少なく、おそらく全体の1割にも満たないでしょう。それならば、この2つの停留所を通過しても、それ程多くの利用者が減るとは考えられません。むしろ通過する事によって所要時間が短くなり、利用者のほとんどにとって利便性が向上すれば、結果的には停車しない為に失った利用者の数以上の新たな利用者を獲得する事に繋がるのではないかと思います。

「2」の案ですが、(これはあくまでクラリオン社のサイトの受け売りなので、きちんと検証・他サービスとの比較をしなくてはなりませんが・・・・ (^^; )バスの位置が解かる「バスロケーションシステム」は、通常自社だけでシステムを構築すると数千万円の資金が必要になるそうです。しかしクラリオン社のバスロケーションシステムを使うと、数十万円単位でシステムが構築できるそうです。
私もかなり前ですが、通学時にバスを利用していた事があります。その時結構困ったのが、「バスがすでにバス停を通過してしまったのか、それともまだ到着していないのかが解からない」と言う事です。誰かがバス停にいれば聞く事もできますが、誰もいないと「バス停で待つべきか、それとも諦めて別の場所に時間をつぶしにいくべきか、はたまた次のバス停まで歩いてみるか・・・」なんて、とても心を悩ませました。次のバス停まで歩いてみたら、実は到着していなくて、追い抜かされて悲しい思いをした・・・なんてことも。 (T_T)
それ以外にも、「今バス停に向かって間に合うのかどうか?」とか、バス停まで迎えに行く場合は「後どれくらいで着くのか?」などなど、バスの現在位置が解かると、利用者や迎えに行く人にとっては、かなりの利便性の向上になると思います。

「3」の案ですが、天然ガス自動車ガソリン車と比べて、二酸化炭素排出量が少ないそうです。また小牧市は、2006年に国から"CNG(圧縮天然ガス)車普及促進モデル事業実施地域"に指定されています。現在市内数ヶ所に、専用スタンドが設置されているほか、トラックだけですが、車を天然ガス仕様に改造する事に対し、補助金が出ています。なので、「これがバスにも拡大されれば、安く導入できるのではないか・・・」なんて思っています。

CNG車(圧縮天然ガス車)普及促進モデル事業(小牧市役所)

実際ガソリン車が天然ガス車に変わった所で、利用者の側には何の利便性の向上もありません。なので、この事を理由にバスを利用する人は、ほとんどいないでしょう。しかしこの事が利用者の意識を変える事に繋がると思いますし、将来的には利用者増加を促進する一つのきっかけにはなると思います。

ピーチバスの運行ルート(Mapion:キョリ測)・・・ピーチバス(※桃花台ニュータウン→小牧駅)のルート図。

三菱重工名誘

「バスロケーションシステム」で検索(Yahoo! Japan)
「バスロケーションシステム」で検索(Google)
BusCatch(株式会社セネック)・・・セネック社のバスロケーションシステム。自動車学校を中心に展開しており、小牧市自動車学校でも採用されている。

天然ガス自動車とは(大阪ガス)
天然ガス(環境goo)
「天然ガス自動車」で検索(Yahoo! Japan)

公共交通機関(桃花台 便利リンク集)
地図(桃花台 便利リンク集)
企業(工場)(桃花台 便利リンク集)
市役所、公共施設(桃花台 便利リンク集)
[ ピーチバスの提案に関する記事(桃花台新聞)]
桃花台線廃止後の提案:代替バスについて
桃花台線廃止後の提案:代替バスについて - その2
桃花台線廃止後の提案:代替バスについて - その3
桃花台線の代替バスに対する提案を紹介
[ 上記以外のピーチバス関連の記事(桃花台新聞)]
約20%利用者が減少(ピーチバス)
お盆の運行(あおい交通)
ピーチバス、名古屋駅前を走る?!(名古屋市中村区)
ピーチバスに関する新聞記事 - その2

[PR]

by kyu3_2 | 2007-09-28 04:33 | この街への提案 | Comments(6)

桃花台ニュータウンの空き地利用案 - その3:食物や花、野草などを植える

桃花台ニュータウン」の東部と南部を、高速道路の「中央道」が貫いています。そして高速道路のすぐ横には、遮音壁が設置してあり、さらにその横には、たいてい草木が伸び放題になっている空き地があります。空き地は、特に何か重要な役割をなしている訳でもなさそうです。また伸び放題になっている草木は、1年に1度くらいの割合で、刈り取られています。その刈り取られた草木も、何かに利用できるとは思えず、おそらく捨てられている事でしょう。



それならば、何か別の、役に立つ植物を植えてみてはどうでしょう?
さらに近くに住む人達の手で、それを管理すれば、刈り取る業者をわざわざ雇うお金も、必要なくなります。そうすれば、ただゴミとなっていた物がそうではなくなり、さらにその費用に当てられている税金を、別の何かの事業に当てられるのではないでしょうか。
(※ただ、『税金』に関してですが、最近道路公団が民営化された為、この管理費用が税金でまかなわれていないかもしれませんが。)

例えば、食べられる植物を植える。

桃花台の周辺は、「」や「」、「ぶどう」などの栽培が行なわれています。それらを栽培するのは、少し難しいかもしれませんが、小さな物だったら、栽培できるのではないでしょうか。例えば、「大根」や「じゃがいも」、「プチトマト」などの野菜、「ハーブ」とか「蓬(よもぎ)」などの野草などなど。
肥料は、近隣住民の家から出る生ゴミを、「生ゴミ処理機」などで乾燥させて使う。そうすれば匂わないと思いますし、何より無料で手に入ります。

しかし食物だと、「誰かが、食べると良くない科学物質を捨てて行ったら、どうするのか?」とか「収穫前に、盗まれたら・・・?」とか、何かと心配の種も多いかもしれません。

そこでもう一つの案なのですが、例えば「花を植える」と言うのはどうでしょう?
花ならば、食べたら良くない科学物質を捨てられても、安心です。また盗まれても、それ程被害を受ける事はないでしょう。さらに、見た目も綺麗ですし。
私自身は、できれば「『菜の花』を植えたら良いのではないか」と思います。「菜の花」は、日本中どこでも栽培できるそうですし、種から取れる油を使って、様々な物が作れると思うからです。例えば「石鹸(せっけん)」や「蝋燭(ろうそく)」などです。
もちろん「天ぷら油」としても、利用できます。そして現在小牧市では、天ぷらなどに使った油(廃食用油)は、回収されて「バイオエネルギー(植物性燃料)」に作り変えられ、ゴミ収集車の燃料としても利用されています。

また「菜の花」の栽培は、現在、桃花台の北側にある「鷹ヶ池フィッシング場」のすぐ横にある空き地で、「小牧市 女性の会」と「光ヶ丘小学校」の生徒達の手で、行なわれています。彼ら・彼女らに栽培方法を聞くと言う手もあります。

現在高速道路の横の空き地は、住民にとって、特に関心のある場所ではありません。また何か役に立っている訳でもありません。植物を植えるには、斜面が多く、作業が難しいかもしれませんが、これまで意味が無かった土地が、そうではなくなる。それは、とても大きな意味があると、私は思います。

また空き地の横には、必ずと言っていいほど、低いフェンスが設置されています。「危険な場所なので、入るな」と書かれた、貼り紙もされています。しかし実際危険なのは、フェンスのすぐ向こうの空き地ではなく、遮音壁のさらに向こう側にある高速道路の側です。遮音壁を超えるのは、相当難しく、大人でも容易ではありません。一応、出入り口のようなものがありますが、そこには鍵が掛けられています。ならば、このフェンスは必要ないのではないでしょうか?
私は、このフェンスも、ほとんど撤去すべきだと思います。一部、遮音壁の裏側に入れるような場所や、本当に危険な場所(例えば、光ヶ丘4丁目にある高速道路下を抜けるトンネルの入り口付近とか)には、設置しておく必要があると思いますが、それ以外は、なくなっても特に誰も困らないと思いうからです。
また無くす事によって、隣接する歩道を若干広げたり、その場所の開放感を高める事ができるとも思います。

(Yahoo! きっず図鑑:図鑑)
ヤマト果樹園 桃のホームページ
 └ 桃花台近郊で、桃を育てている、果樹園のサイト。桃の育て方などの情報が、掲載されています。

(Yahoo! きっず:図鑑)
「柿」で検索(Yahoo! Japan)

ブドウ(Yahoo! きっず:図鑑)
ブドウ(Yahoo! カテゴリ)
「ブドウ」で検索(Yahoo! Japan)

ダイコン(Yahoo! きっず:図鑑)
食材事典
 ・大根(食材事典)
だいこん(Yahoo! カテゴリ)
「だいこん」で検索(Yahoo! グルメ:レシピ情報)

「プチトマト」で検索(Yahoo! Japan)
トマト(Yahoo! きっず:図鑑)

ハーブ(Yahoo! カテゴリ)
「ハーブ」で検索(Yahoo! Japan)

ヨモギ(Yahoo! きっず:図鑑)
「よもぎ」で検索(Yahoo! Japan)
「ヨモギ」で検索(Yahoo! Japan)
「よもぎもち」で検索(Yahoo! グルメ:レシピ情報)

「生ゴミ処理機」で検索(Yahoo! Japan)

食材事典
 ・菜の花(食材事典)
「菜の花」で検索(Yahoo! Japan)
「アブラナ」で検索(Yahoo! Japan)
アブラナの花から実ができるまで(※高画質)(Yahoo! きっず:動画で楽しむ理科)
アブラナの花から実ができるまで(※低画質)(Yahoo! きっず:動画で楽しむ理科)

廃食用油(EIC ネット:環境用語集)
「廃食用油」で検索(環境 goo)
「廃食用油」で検索(Yahoo! Japan)

桃花台新聞 : 狸と遭遇(小牧市光ヶ丘6丁目)(桃花台新聞)
中央道が大渋滞!!(小牧市光ヶ丘6丁目)(桃花台新聞)

天気予報、地域のニュース、blog(桃花台 便利リンク集)
レジャー施設(桃花台 便利リンク集)
地図(桃花台 便利リンク集)
幼稚園、学校(桃花台 便利リンク集)
各種団体(桃花台 便利リンク集)
お薦め地域サイト(桃花台 便利リンク集)
[ 街が住みやすくなる「提案」と、「改善点」に関する記事(桃花台新聞)]
あまり使われていない公園を、駐車場にしたら・・・
必要の無い「柵(さく)」 - その2(小牧市篠岡1丁目)
この場所を、ドッグランにしたら、・・・(小牧市城山1丁目)

 上記以外にも、「桃花台ニュータウン」が住みやすくなるような提案や、街の改善点などに関する記事を、多数書いています。興味のある方は、「この街への提案」のカテゴリをご覧下さい。
[ 桃 関連の記事(桃花台新聞)]
桃の出荷、始まる(小牧市篠岡)
桃の受粉作業(小牧市篠岡)
HP(ホームページ)に、桃の開花情報(桃花台線)
桃の切り花の出荷(小牧市野口)
[ 光ヶ丘小学校 関連の記事(桃花台新聞)]
地域と協力して、地球温暖化対策(光ヶ丘小学校)
菜種の収穫(鷹ヶ池フィッシング場)
あるけあるけ大会(光ヶ丘小学校、市民四季の森、他)
小中学校の合同音楽会(小牧市民会館)
[ 菜の花 関連の記事(桃花台新聞)]
菜種の収穫(鷹ヶ池フィッシング場)
菜の花フェスティバル - その2(鷹ヶ池フィッシング場)
廃食油で作った「キャンドル」(小牧市女性の会)
菜の花の種まき(小牧市女性の会)

[PR]

by kyu3_2 | 2006-08-27 02:07 | この街への提案 | Comments(0)

ほとんど使われていない公園に関する提案:駐車場に変える

自宅の近くにある小さな公園で、ほとんど子供が遊んでいるところを見かけない公園って、ありませんか?今回の提案は、「そんな公園を、駐車場にしたら」と言うものです。



例えば、城山4丁目にあるこの公園。平日の昼間だけでなく、夕方や休日の日でさえも、子供が遊んでいるところを、ほとんど見たことがありません。



こちらの桃ヶ丘3丁目にある公園も、そうです。

上記以外にも、「桃花台ニュータウン」には、あまり子供たちに利用されていない小さな公園が、いくつかあります。これらの場所は、遊具を撤去すれば、駐車場に適した土地になると思います。小さな公園は、たいてい道路に面している所にあるからです。
また色々な地域に小さな公園があるので、それぞれの公園の近くの住民が優先的に利用できるようにすれば、「利便性」の面を考えても、非常に使いやすい駐車場になると思います。



光ヶ丘4丁目にあるこの公園は、2つの公園が隣り合ってあります。その内の南側の方は、遊具が設置されておらず、小さな休憩場が設置されているだけの広場になっています。この公園なら、入り口部分を変えるだけで、すぐにでも駐車場として利用できると思います。

上記の3つの公園のように、あまり子供が遊んでいない公園でも、「子供の遊び場を減らすのは・・・」と、公園を駐車場にする事に抵抗感がある人もいるかもしれません。しかし私は、このように考えています。
1. 住宅街の路上駐車を減らす事で、接触事故などの交通事故(子供も大人も含めて)の削減につながるのではないか。
2. 土地の有効活用
「1」については、読んで字のごとくです。路上駐車されている車を公園のある土地にできた駐車場に止めれば、必然的に車の通行も歩行者や自転車の通行も、安全になると思います。

「2」の「土地の有効活用」とは、「公園」として利用される場合と「駐車場」として利用される場合の2つの場合において、利用される時間に差があるのではないかと思うのです。
例えば「公園」の場合。利用される時間帯は、限られていると思います。例えば平日、小中学生が学校から帰ってきてから遊んだりする場合を考えると、おそらく夕方から夜までの間の2・3時間と言ったところでしょう。犬の散歩をしたりする大人もいるでしょうが、長時間利用している人は、ほとんどいないでしょう。
それに対して「駐車場」の場合、朝仕事に行き夜帰ってくる人を考えたら、夜中から朝までの時間。昼間は家にいて、買い物などにたまに出かけるような人は、出かけている間の時間以外の全ての時間、その土地を利用する(車を駐車する)事になります。

月極駐車場(桃花台 便利リンク集)
地図(桃花台 便利リンク集)

追記(8月3日)
昨日街を歩いていて「ふっ」と思ったのですが、下記の「古雅3丁目にある公園」と「桃ヶ丘3丁目にある公園」も、利用している子供たち(大人も)を、ほとんど見かけたことがありません。






追記(8月5日)
もう一つ、駐車場にしやすそうな場所(『公園』と言うよりは、『休憩所』)を見つけました。ここなら、屋根とベンチを撤去するだけで、近所の住民の駐車場に、簡単に変える事ができると思います。



それと正直、「今回書いた意見は、反対する人も多いだろうなぁ・・・」と判っていました。また私自身も、駐車場不足問題を解決するのに、「『公園を駐車場にする事』がベストな選択だ」とも思っていません。
しかし、小さな地域(例えば、城山4丁目や桃ヶ丘3丁目と言った、地域の単位)で、駐車場不足の問題を解決しようと考えた時に、その解決方法の一つとして「『公園を駐車場に変える』ことも考えてもよいのではないか」と感じたので、今回の記事を書きました。
[ 「駐車場不足」、およびその「対策」に関する記事(桃花台新聞)]
慢性的な駐車場不足の解消に、大きな駐車場を建設すれば・・・
桃花台線廃止後の提案:本社跡地を、駐車場に
桃花台線廃止後の提案:残った駅舎や高架橋をどうするか?
[ 街が住みやすくなる「提案」と、「改善点」に関する記事(桃花台新聞)]
必要の無い「柵(さく)」 - その2(小牧市篠岡1丁目)
この場所を、ドッグランにしたら、・・・(小牧市城山1丁目)
桃花台の緑道は、最悪:「植え込みや仕切りが、通行を困難にしている。」(小牧市古雅2丁目)

 上記以外にも、「桃花台ニュータウン」が住みやすくなるような提案や、街の改善点などに関する記事を、多数書いています。興味のある方は、「この街への提案」のカテゴリをご覧下さい。

[PR]

by kyu3_2 | 2006-08-01 22:49 | この街への提案 | Comments(12)

桃花台ニュータウンの空き地利用案 - その2:ドッグランの整備(小牧市城山1丁目)

c0057662_9145147.jpgこの写真は、ピエスタの南西側にある大きな空き地を、写したものです。

この場所は、私が聞いた話によると、「マンションの建設予定地」なのだそうです。しかし、これまで建設された周囲のマンションの売れ行きが、あまり良くないので、建設が進んでいないそうです。



以前、「この場所を、全部駐車場にしたら・・・」と言う案を記事にしました。今でも「駐車場にする事が、『桃花台ニュータウン』の住民にとっては、一番良い事だ」と思います。しかし、「ドッグラン」にするのも、良い案だと思います。

桃花台ニュータウンでは、多くの人が、犬を飼っています。なので、「需要は、かなりある」と思います。この場所を使って、「しつけ教室」や「マナー教室」などのイベントを行ってみても、面白いと思います。
それに、「『ドッグラン』は、簡単に作るれるのではないか」と思うからです。「庄内緑地 ドッグラン」の事が、こないだテレビで取り上げられていました。見てみたら、空き地を、割りと簡単に作れそうな「柵(さく)」で覆っているだけのように思われました。小牧市 大草にある「会員制のドッグラン」を、見に行った事がありますが、ここも一般の人でも作れそうな「柵(さく)」で覆われている構造でした。
また、どちらの「柵(さく)」も、簡単に撤去できると思われました。「簡単に撤去できる」のであれば、もしマンションの建設が始まると決まったら、撤去すればよいと思うし、・・・・。

どうでしょう?

立地条件的にも、適していると思います。「桃花台中央公園」では、多くの人が、犬を連れて散歩しています。「ついでに、『ドッグラン』に行ってみようかな・・・」なんて思う人は、結構出てくるんじゃないかと思います。
また、空き地のピエスタ側にある駐車場を使う事ができれば、車に犬を乗せて、来る事ができると思います。そうすれば、多少離れた所に住んでいる人でも、気軽に来れると思います。
それに、周辺にある住宅とは多少距離があるので、犬が吠えても、「周囲に住んでいる人は、あまり気にならないのでは、・・・」とも、思います。

ドッグランについて(名古屋市議会議員 田中りか 公式サイト)
ドックランってなに?(美容室モモ)
「ドッグラン」で検索(Yahoo! Japan)

愛知県にあるドッグラン 一覧(全国ドッグラン広場)
愛知県にある「ドッグラン」(dog 1)
 └ 犬の総合情報サイト、「dog 1(ドッグワン)」のコンテンツ(内容)のひとつ。愛知県内にある「ドッグラン」が、一覧になっています。

(Yahoo! カテゴリ)
(Wikipedia)

ペットショップ、動物病院等(桃花台 便利リンク集)
地図(桃花台 便利リンク集)

追記(6月26日)
Google」で「ドッグラン」と検索してみたら、「ドッグラン」の情報がたくさん掲載されているページを、見つけました。

犬 > ドッグランで遊ぶ(All About)
 └ 全国にある「ドッグラン」の公式サイトへのリンクや、「ドッグラン」の情報サイトなどのリンクが、まとめられています。

追記(7月8日)
上記の「しつけ教室」や「マナー教室」以外に、企業と組んで行なう様々なイベントなども、考えられるのではないでしょうか。

例えば、春日井市 桃山町に、ペット関連グッズの卸売り業の国内最大手である「ジャぺル」があります。そのジャぺルと手を組んで、ペット関連商品の即売会や、試供品や新製品の試し会などを行なう。
企業としては、販売促進や販路拡大につながるかもしれないし、また試供品や新製品を実際に使ってもらう事で、情報を集める事ができると思うので、頼めばやってもらえるのではないでしょうか。

ジャぺル、買収される(春日井市桃山町)(桃花台新聞)
[ ペット 関連の記事(桃花台新聞)]
犬・猫と一緒に、記念撮影会(名古屋ハウジングセンター春日井会場)
飼い主、探してました(ジャスコ小牧店)
会員制のドックラン(小牧市大草)
狂犬病の予防注射(東部市民センター、他)
[ 街が住みやすくなる「提案」と、「改善点」に関する記事(桃花台新聞)]
桃花台の緑道は、最悪:「植え込みや仕切りが、通行を困難にしている。」(小牧市古雅2丁目)
必要の無い「柵(さく)」(小牧市光ヶ丘1丁目)
駐車場出口が、危険!! - その2(アピタ桃花台店)

 上記以外にも、「桃花台ニュータウン」が住みやすくなるような提案や、街の改善点などに関する記事を、多数書いています。興味のある方は、「この街への提案」のカテゴリをご覧下さい。

[PR]

by kyu3_2 | 2006-06-25 10:49 | この街への提案 | Comments(4)