愛知県知事が都市再生機構を批判(地盤沈下と土壌汚染問題)

神田真秋(まさあき) 愛知県知事」が9月4日(月)の定例記者会見で行なった、「桃花台ニュータウン」で起こっている「地盤沈下」の問題について発言が、「中日新聞」の記事に、掲載されていました。
(9月5日(火)朝刊 18面)

それによると、神田真秋 愛知県知事は、以下のような発言を行なって、都市再生機構の損害賠償請求を批判したそうです。
「一義的には、分譲した売り主(都市再生機構)が、買い主の住人にきちんと対応するのが当たり前。法律上の責任は、売り主と買い主の間でしっかりされないといけない。」
(中日新聞 9月5日(火)朝刊 18面)

※そのままでは読みづらかったので、句読点などを追記しました。
また、「県独自の調査は、今のところ行なわない」としていた愛知県庁 住宅計画課の職員が、8月22日(火)に、地盤沈下が起こっている地点の土壌のサンプルを採取した事については、
「法律上の責任とは別に、『土壌が産廃なのでは』という住民の声もあり、不安が解消されるようにしたい。」
(中日新聞 9月5日(火)朝刊 18面)

※そのままでは読みづらかったので、句読点や『』を追記しました。
と発言したそうです。


最後に、記事の感想を少し書こうと思います。

知事の「売り主が買い主にきちんと対応するのが、当たり前」と言う発言についてですが、それだったら、最初に土地を整備し都市再生機構に売ったのは愛知県なわけで。「愛知県(売り主)が都市再生機構(買い主)にきちんと対応する」のは、「当たり前」な事だと思います。

天気予報、地域のニュース、blog(桃花台 便利リンク集)

追記(9月17日)
この時の定例記者会見の内容が、愛知県庁の公式サイトに追加されていました。

9月4日の定例記者会見:桃花台ニュータウンの地盤沈下問題について(愛知県)
[ 地盤沈下 関連の記事(桃花台新聞)]
住民が、愛知県知事に対し公開質問状を提出(地盤沈下)
桃花台の地盤沈下問題を扱った、テレビ番組の特集(TBS放送「噂の東京マガジン」)
愛知県が公開質問状に回答(地盤沈下)

 上記以外にも、桃花台ニュータウンで起こっている「地盤沈下問題」に関する記事を、多数書いています。興味のある方は、カテゴリ「地盤沈下」をご覧下さい。

[PR]

by kyu3_2 | 2006-09-06 15:04 | 地盤沈下と土壌・水質汚染 | Comments(0)

<< 桃花台線廃止と代替バス運行を許... レンタサイクル事業や月極駐車場... >>