植え込みで道幅を半分にする事で、通行を困難にしている!(小牧市古雅3丁目)

c0057662_23543161.jpgこの写真は、「古雅保育園」から「桃花台西駅」へと伸びる、歩道の一部です。

正直言って、この「真中を仕切る植え込み」が、邪魔でしょうがありません。この道を通ると、例えば、人とすれ違う時、または犬を連れた人が、自分の前を歩いている時などは、避けて通るのも、大変です。

それだけでなく、この「植え込み」は、夜、「街燈の光」を遮断しています。その為、道の上は、いつも真っ暗です。
そのうえ、人が隠れられるような「物陰」を、作ってしまっています。なので、夜、この道を通る時は、いつも警戒しています。なぜなら、「危険」を感じるからです。




このように、通行する人には、何一つ良いところのない「植え込み」ですが、作った人には、それなりの理由があったようです。それは、「『自転車』と『歩行者』を、区別して通らせる為」のようです。この写真には映っていませんが、「桃花台西駅」の辺りに、「自転車」と「歩行者」を分ける目印が、描かれています。なので、おそらく間違いないでしょう。

しかし、この道を作った人が意図したようには、この「植え込み」は、まったく機能していません。理由は、明白です。それは、ほぼ全ての人が、「自転車は、歩道を走るものだ」と言う「意識」を持っているからです。
なので、わざわざ分けても、誰一人として守る人はいません。ここを通る人達は、好き勝手に、両方の道を、歩いたり、あるいは、自転車を使って通っています。

このような意識は、なにも、最近になって生れたものでは、ありません。また、この道を作った人達が、「その事を、知らなかった」あるいは「理解できなかった」とも、思えません。
なので、少なくとも、この道を作った人達は、「通る人が困難になる事は判かった上で、あえて、このようにつくった」と、考えられます。

この道のように、わざと、道の真中に「植え込み」を作って歩行を困難にした「歩道」は、この場所以外にも、多く見られます。例えば、この場所以外の「古雅 地域」の歩道や、「桃ヶ丘 地域」の歩道で、よく見られます。「地域の特色」と言っても、良いくらいです。







c0057662_2354482.jpgこの画像は、上の写真の「真中を仕切る植え込み」を、「画像修正ソフト」を使って、削除したものです。
また、「古雅保育園」の手前にある道の、邪魔な「植え込み」も、削除しました。

こうすれば、「歩行が、とても楽になる」だけでなく、「物陰もなくなるので、安心して通る事ができるようになる」と思います。

このような「植え込み」は、おそらく「(植え込みを)維持・管理している人を養(やしな)う」為のもの、だと思われます。また、わざと「不便さ」や「不安」を感じさせるような「構造」を作る事で、「住民の、街に対する関心を低くする」のも、狙いの一つだと思います。

桃花台ニュータウン」では、この場所のような「過剰な『植え込み』の設置」が行なわれていたり、「わざと『不便』・『不安』にさせるような道」を、到るところで見る事が出来ます。
しかもそんな場所であっても、その費用は、「桃花台線(ピーチライナー)」と同じで、「一戸建て住宅の『価格』」や「賃貸住宅の『家賃』」に、上積みされている事でしょう。このような、「彼ら(建設した人達や管理業者)」にとってのみ、「うまみ(利益・利権)」のある「街の整備事業」であったとしても、・・・。

正直、腹立たしくて、しょうがありません。

地図(桃花台 便利リンク集)
公共交通機関(桃花台 便利リンク集)
子育て、保育園(桃花台 便利リンク集)

追記(5月27日)
この道と同じように、「真中を仕切って、通行を困難にしている歩道」は、他にもあります。上記の「古雅 地区」から「桃ヶ丘 地区」へと続く道は、そのまま真っ直ぐ行くと、「城山 地区」まで、続いています(※このリンク先の地図では、『真中が仕切られている』状態を、見ることはできません。しかし実際は、『中央公園の入り口 付近』までのほとんどが、「真中が仕切られている』状態です。ひど過ぎる。)



追記(2007年6月13日)
c0057662_5434585.jpg上記の修正写真だと、「街燈が道の真中にくるので邪魔」だと思ったので、街燈の位置を移動させてみました。一番上の現状の写真と比べて、とても自然だと思います。

この街燈の位置であれば、この歩道と街燈手前で写真右側へと通じる歩道を、しっかり照らす事ができます。また写真右上にある古雅保育園敷地の角にあたる場所も照らす事ができるので、保育園側からすれば、防犯上意味のある街燈になるんじゃないかとも思います。

[ わざと歩き難くしている「歩道」に関する記事(桃花台新聞)]
桃花台の緑道は、最悪:「出っ張りを設け、わざと歩きにくくしている」(小牧市城山1丁目)
桃花台の緑道は、最悪:「交互に作った植え込みによって、蛇行させられる」(小牧市光ヶ丘5丁目)
桃花台の緑道は、最悪:「オブジェが、通行を困難にする」(小牧市光ヶ丘1丁目、城山1・4丁目)

 この他にも、「桃花台ニュータウン」に対する様々な提案を、行なっています。それらについて知りたい方は、「この街への提案」のカテゴリを、ご覧下さい。
[ この歩道の周辺に関する記事(桃花台新聞)]
交通事故の目撃者、求む - その7(小牧市古雅4丁目)
空手道場が、オープン?(小牧市古雅3丁目)
歩道のブロックを、金属の棒に代える(小牧市古雅3丁目)
この交差点には、横断歩道がぜったい必要!(桃花台センター交差点、他)
「エステ」が、閉店(小牧市古雅3丁目)

[PR]

by kyu3_2 | 2006-05-27 00:59 | 最悪な歩道 | Comments(0)

<< 桃花台線の代替バスを話し合う住... バラ・アジサイまつり - その... >>