自動車部品工場敷地内から環境基準の3万倍の有害物質が検出!(佐橋工業、小牧市久保新町)

11月26日(水)に愛知県が「小牧市久保新町の自動車部品製造会社『佐橋工業』の工場敷地内の土壌や地下水から、環境基準を大きく上回る有害物質テトラクロロエチレン』(最高約3万倍)や『トリクロロエチレン』(最高約530倍)などが検出された」と発表したそうです。

有害物質:自動車部品工場敷地で基準の3万倍 愛知・小牧(毎日jp)
基準の3万倍汚染 小牧の工場 発がん性物質(YOMIURI ONLINE)

土壌・地下水汚染に係る佐橋工業株式会社からの報告について(愛知県)
本社工場 土壌・地下水自主調査について(※PDF形式)(佐橋工業)



記事によると、同社は金属部品を洗浄する為、テトラクロロエチレンを合計"約30年間"使用していたそうです(※現在は使用を中止)。その際ドラム缶から同液体を移す時にこぼれたものが、土壌に浸透したのではないかと見られるそうです。ちなみに「トリクロロエチレン」は、テトラクロロエチレンが土壌で分解されできたものなのだそうです。

なお汚染された土壌は全て同社工場敷地内であり、現在はコンクリートで全て覆われているそうです。そのため、飛散する可能性はほとんどないようです。
次に水質汚染に関してですが、同社周辺500メートル内では飲料用として利用している井戸はないそうです。また現在のところ、健康被害も出ていないそうです。

今後の対応としては、同社が県と小牧市と連携しながら、土壌・水質汚染調査を継続的に実行する他、具体的な措置も実行していくそうです。

水質、土壌汚染(Yahoo! ニュース:サイエンストピックス)

土壌汚染(Wikipedia)
「土壌汚染」で検索(Google ニュース)
「土壌汚染」で検索(Yahoo! Japan)

地下水汚染(Wikipedia)
「地下水汚染」で検索(Yahoo! Japan)
「地下水汚染」で検索(Google ニュース)

環境基準(環境goo)
環境基準(Wikipedia)
「環境基準」で検索(Yahoo! Japan)

土壌汚染対策法について(法、政省令、告示、通知)(環境省)
土壌汚染対策法(Wikipedia)

1,1-ジクロロエチレン(Wikipedia)

食品会社の工場敷地内からヒ素が検出!(明星食品、小牧市下小針)(桃花台新聞)

企業(工場)(桃花台 便利リンク集)
天気予報、ニュース、ブログ(桃花台 便利リンク集)
市役所、公共施設(桃花台 便利リンク集)

追記(12月23日)
この件に関する記事が、中日新聞の紙面に掲載されていました。それによると、12月20日(土)に、近隣住民に対する説明会が開らかれたそうです。
(※12月21日(日)朝刊 18面)
[ 桃花台ニュータウン以外で起きた土壌・水質汚染関連の記事(桃花台新聞)]
食品会社の工場敷地内からヒ素が検出!(明星食品、小牧市下小針)
建設資材リース会社跡地からヒ素が検出!(新日本ビテイ、小牧市大草)
産業廃棄物最終処分場周辺で地下水汚染!(春日井市神屋町~小牧市大草)

フェロシルト埋設地の内、1ヶ所がようやく撤去完了(小牧市大草)
石原産業がフェロシルトの撤去予定を発表(春日井市神屋町~小牧市大草)
フェロシルトの撤去完了(小牧市上末)
[ 桃花台ニュータウン内の土壌・水質汚染関連の記事(桃花台新聞)]
地下水調査の結果を公表 - その5(愛知県)
住民が愛知県と都市再生機構を提訴 - その3(地盤沈下と土壌汚染問題)
土壌から環境基準を大幅に上回るヒ素!(エコーガーデン桃花台)

 上記以外にも、桃花台ニュータウン内で起こっている土壌・水質汚染問題に関する記事を、多数書いています。興味のある方は、カテゴリ「地盤沈下と土壌汚染」をご覧下さい。
[ 桃花台ニュータウン周辺にある工場関連の記事(桃花台新聞)]
全区画進出企業決定!(小牧東部地区工業団地、小牧市大草)
中村鉄工所が新工場を建設(小牧市野口)
本社敷地内に託児所新設(東海ゴム工業、小牧市東)

 上記の記事以外にも、桃花台ニュータウン周辺にある工場関連の記事を多数書いています。興味のある方は、「トラックバック(企業(工場))」をご覧下さい。

[PR]

by kyu3_2 | 2008-12-05 18:05 | 地盤沈下と土壌・水質汚染 | Comments(2)

Commented by 陳san at 2008-12-06 08:42 x
この手の問題・・・やっぱり会社の姿勢という事になるのでしょうか。
古タイヤ集積場で時々起きる不審火、大雨になると汚水を大量に放流する工場・・・
何なんでしょうねぇ!
Commented by kyu3_2 at 2008-12-08 14:52
陳san こんにちは。

>この手の問題・・・やっぱり会社の姿勢という事になるのでしょうか。

確かに非常に危険な物質を扱っているのだから、このような結果になった事を考えると「管理がいい加減だった」と言えると思いますが・・・ただ問題をきちんと発表した事や今後の対応に関する同社の発表を見ていると、まだマシな方ではないかと・・・。 (^^;

まぁ「企業が汚染を発表しなければならない」と義務付けた「土壌汚染対策法」と言う法律が、新たに施行されたからかもしれませんが・・・。

<< カテゴリ名を「地盤沈下と土壌・... 荒俣宏が来校(名古屋造形大学) >>